locale

変換ロケールID 要求のロケールIDを指定します。

locale=[ *locId*]

locId

ロケールID(文字列)

このIDとattribute::LocaleMapおよびattribute::LocaleStrMapで指定されたルールを使用して、画像サービングはオプションのカタログID変換と文字列ローカライゼーションを適用します。

プロパティ

リクエストコマンド 指定された場所に関係なく、ネストされた/埋め込まれたリクエストを含むリクエスト全体に適用されます。 locId には、印刷可能なASCII文字のみを含める必要があります。この要求のメインカタログでローカライゼーションマップが定義されていない場合は無視されます。 空または無効なlocIdが指定され、attribute::DefaultLocaleにデフォルトのルールが定義されていない場合は、エラーが返されます。

初期設定

attribute::DefaultLocale は、locale=が指定されていない場合に使用されます。

関連項目

attribute::DefaultLocale , attribute::LocaleMap, attribute::LocaleStrMap,ローカライゼーションサポート

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free