反射

ビネットは、ほぼ 3D の反射データを含むように作成できます。

作成した場合は、次のマテリアル属性を使用して、マテリアルの反射サーフェスプロパティを定義します。

属性

説明

初期設定

gloss=

サーフェス光沢

ビネットから

glossmap=

光沢の変化(グレースケールの画像)

なし

rough=

表面粗さ

40%

type=

マテリアルタイプ

0 (不明)

レンダラーは、 gloss= および rough= ~に従って属性を持つ type=. 生地などの材料の種類によっては、石や金属などの材料の種類に比べて反射が少ないものもあります。 また、1 つに対して同じ光沢量を指定すると、反射効果が他のものとは異なる場合が多い。 属性 gloss= 粗さはかなり広い範囲を持つ。 type= が指定されていないか、に設定されています 0.

glossmap= マテリアルの光沢度をピクセル単位で制御するために使用します。

このページ