scl

スケール表示 最大解像度のビネットを基準にして、指定した拡大率でレンダリング画像を拡大縮小します。

scl= *invFactor*

invFactor

逆スケール係数(実数、1.0以上)

URL内でscl=wid=またはhei=の後に来る場合、はこれらのコマンドをキャンセルし、scl=はサーバーから返される画像のサイズを定義します。

ただし、URL内でwid=またはhei=scl=の後に来る場合、scl=wid=/ hei=はキャンセルされ、サーバから返される画像のサイズを定義します。

メモ

計算済みまたはデフォルトの返信画像のサイズがattribute::MaxPixより大きい場合は、エラーが返されます。

プロパティ

リクエスト内の任意の場所で発生する可能性があります。 コマンドシーケンスでwid=またはhei=scl=の後に発生した場合は無視されます。

scl=を使用して画像をサイズ変更しても、応答画像に埋め込まれている印刷解像度の値は変更されません。

初期設定

wid=hei=scl=のいずれも指定されていない場合、attribute::DefaultPixで定義されているサイズに合わせて返信画像のサイズが調整されます。 attribute::DefaultPixが空の場合、返信画像はビネットの表示画像と同じサイズになります。

関連項目

wid= , hei=, resMode=, attribute::MaxPix , attribute::DefaultPix

このページ