scl

拡大・縮小表示。 最大解像度のビネットを基準に、指定した拡大率でレンダリングイメージを拡大/縮小します。

scl= *invFactor*

invFactor

逆スケール係数(実数、1.0 以上)

If scl= 次の値より後 wid= または hei= URL 内で、これらのコマンドと scl= は、サーバーから返される画像のサイズを定義します。

ただし、 wid= または hei= 次の値より後 scl= URL 内で、訪問者はキャンセルします。 scl= および wid=/ hei= サーバーから返される画像のサイズを定義します。

メモ

返信画像のサイズが計算済みまたはデフォルトより大きい場合は、エラーが返されます attribute::MaxPix.

プロパティ

リクエスト内の任意の場所で発生する場合があります。 次の場合は無視 wid= または hei= 後に起こる scl= を指定します。

を使用した画像のサイズ変更 scl= 応答画像に埋め込まれた印刷解像度の値は変更されません。

初期設定

If wid=, hei=または scl= が指定されていない場合、返信画像は attribute::DefaultPix. If attribute::DefaultPix が空の場合、返信画像はビネットの表示画像と同じサイズになります。

関連項目

wid= , hei=, resMode=, attribute::MaxPix, attribute::DefaultPix

このページ