hei

返信画像の高さ。 画像の縦横比を維持しながら、返信画像の高さが指定の値以下になるように、レンダリング画像の拡大/縮小を指定します。

hei= *val*

val

返信画像の高さ(ピクセル単位、0より大きい整数)。

wid=hei=の両方が指定され、幅/高さが画像の縦横比と異なる場合、画像はパディングされません。

wid= とは hei= 連携して、サーバーから返される画像のサイズを定義します。URL内のscl=の後にwid=またはhei=がある場合、これらのコマンドはキャンセルされ、scl=はサーバーから返される画像のサイズを定義します。

ただし、URL内のwid=またはhei=scl=の後に来る場合は、scl=wid=/ hei=をキャンセルして、サーバーから返される画像のサイズを定義します。

メモ

計算された返信画像サイズまたはデフォルトの返信画像サイズがattribute::MaxPixより大きい場合は、エラーが返されます。

プロパティ

リクエスト内の任意の場所で発生する可能性があります。 wid=hei=またはscl=を使用して画像のサイズを変更しても、応答画像に埋め込まれた印刷解像度の値は変更されません。 コマンドシーケンス内でwid=hei=の後にscl=が発生した場合は無視されます。

初期設定

wid=hei=scl=のいずれも指定されていない場合、返信画像はattribute::DefaultPixで定義されているサイズ内に収まるように拡大/縮小されます。 attribute::DefaultPixが空の場合、返信画像はビネットの表示画像と同じサイズになります。

関連項目

attribute::DefaultPixattribute::MaxPixwid=scl=resMode=

このページ