PDF の操作

PDF(Portableドキュメント形式)ファイルは、eCatalogの作成にDynamic Mediaクラシックで最もよく使用されます。 PDFファイルをアップロードすると、初期設定では、そのページがリッチメディアの作成に使用できるように、Dynamic Mediaクラシックによってページがラスタライズ、つまりリッピングされます。

PDF アップロードオプション

PDF ファイルをアップロードする際には、ページの切り抜き、検索語の抽出、ppi 解像度の入力、およびカラースペースの選択など、様々な方法でファイルをフォーマットできます。PDF ファイルには、通常、トリミングマージン、切り抜きマーク、登録マーク、および他の印刷記号が印字されます。PDF ファイルのアップロード時には、ページの端をマークに沿って切り抜くことができます。

PDFファイルのアップロードに関するオプションは、「PDFオプション」の下のアップロードページにあります。

処理オプション

ラスタライズ — (初期設定)PDFファイルのページをリッピングし、ベクトルグラフィックをビットマップ画像に変換します。eCatalogを作成するには、このオプションを選択します。

検索語を抽出 - PDFファイルから単語を抽出し、eCatalogビューアでファイルをキーワード検索できるようにします。

リンクを抽出 - PDFファイルからリンクを抽出し、eCatalogビューアで使用される画像マップに変換します。

複数ページのPDFを含むeCatalogを自動生成 - PDFファイルからeCatalogを自動的に作成します。eCatalog は、アップロードした PDF ファイルに従って名前が付けられます(このオプションは、アップロード時に PDF ファイルをラスタライズする場合のみ利用可能です)。

解像度

解像度設定を指定します。この設定には、PDF ファイルで表示する ppi を指定します。初期設定値は 150 です。

カラースペースオプション

カラースペースメニューを選択し、PDF ファイルのカラースペースを選択します。ほとんどの PDF ファイルには、RGB カラー画像と CMYK カラー画像の両方が含まれています。RGB カラースペースは、オンライン表示に適しています。

  • 自動検出 - PDFファイルのカラースペースを保持します。

  • RGBとしてレンダリング - RGBカラースペースに変換します。

  • CMYKとしてレンダリング - CMYKカラースペースに変換します。

  • グレースケールとして強制 — グレースケールカラースペースに変換します。

カラープロファイルオプション

  • sRGBに変換 - sRGB(Standard Red Green Blue)に変換します。Web ページに画像を表示する場合のカラースペースには sRGB が推奨されます。

  • 元のカラースペースを保持 — 元のカラースペースを保持します。

  • カスタムコピー元/コピー先 — メニューを開き、「変換前」と「変換後」のカラースペースを選択できます。標準のPhotoshopカラースペースまたはDynamic Mediaクラシックにアップロードしたカラースペースを選択できます。

詳しくは、ICC プロファイルも参照してください。

PDF ファイルの余白の切り抜き

  1. アップロード時に PDF ファイルの余白ピクセルを自動的に切り抜くには、切り抜きメニューを選択し、「トリミング」を選択します。

  2. 次のオプションを指定します。

    • トリミング対象範囲 — 色と透明度のどちらに基づいて切り抜くかを選択します。

    • - 「色」オプションを選択します。隅メニューを選択し、PDF 上で切り抜く余白の色が最も正確に表示されている隅を選択します。

    • 透明度 - 「透明度」オプションを選択します。

    • 許容値 — スライダをドラッグして、許容値を0 ~ 1の範囲で指定します。

    • 色に基づくトリミング - 0に設定すると、PDFの隅で選択した色と正確に一致するピクセルのみが切り抜かれます。設定値が 1 に近づくにつれ、許容される色の違いが大きくなります。

    • 透明部分に基づくトリミング - 0に設定すると、透明なピクセルのみが切り抜かれます。設定値が1に近づくにつれ、透明度の低い透明度も許容されます。

PDF ページの端の切り抜き

アップロード時に、PDF ファイルのページの端から印刷マークまでを手動で削除できます。

  1. 切り抜きメニューで、手動​をクリックします。
  2. 「上」、「右」、「下」、「左」の各テキストボックスに、ページの上下左右の端からそれぞれ切り抜くピクセル数を入力します。

ページから切り抜かれる長さは、PDF ファイルの ppi(ピクセル/インチ)設定によって異なります。例えば、解像度の「ピクセル/インチ」設定に150(初期設定)を入力し、ページの端から75ピクセル切り抜いた場合、1/2インチは切り抜かれます。150 ppiでは、75 pixelは1/2インチに等しくなります。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now