画像の切り抜き

Dynamic Media ClassicのAdobeで画像を切り抜くことができます。 システムは、切り抜かれた画像に関する情報を保持するので、画像を元の状態に戻すことが可能です。また画像を切り抜き、切り抜かれたバージョンを新しい名前で保存することもできます。

画像を切り抜き、画像の周りの空白を除去したり、画像の領域を切り抜いたりできます。

メモ

切り抜いた後、「名前を付けて保存」を選択して、切り抜いたバージョンの画像を別の名前で保存できます。 名前を付けて保存ウィンドウで、「新しいマスターとして保存」を選択して、画像の2番目のコピーを保存します。 「マスターの追加表示として保存」を選択すると、元のバージョンと切り抜いたバージョンを別の名前で保存できます。 「オリジナルを置換」を選択すると、画像を切り抜いた元のファイルが削除されます。 次に、画像の名前を入力し、「送信」を選択します。

画像の周りの空白の除去

画像の端から透明またはべた塗りのピクセルを切り抜くことができます。

  1. 画像を切り抜くには、ロールオーバーの​編集​ボタンを選択して「切り抜き」を選択するか、詳細ビューの参照パネルに画像を表示して「切り抜き」ボタンを選択します。

  2. 切り抜きエディターページで、次のいずれかの操作を行います。

    • カラーピクセルをトリミングするには、Trim > Color​に移動します。 色で自動切り抜き​ダイアログボックスで、​メニューを選択し、切り抜く背景色の角を選択します。 次に、0 ~ 1の​許容値​設定を入力します。 0 に設定すると、画像の隅で選択した色と正確に一致するピクセルのみが切り抜かれます。設定値が 1 に近づくにつれ、許容される色の違いが大きくなります。「切り抜き」を選択します。
    • 透明なピクセルをトリミングするには、Trim > Transparent​に移動します。 [透明度で自動切り抜き]ダイアログボックスで、0 ~ 1の許容値を入力します。 0を設定すると、ピクセルが透明な場合にのみ切り抜かれます。 設定値が 1 に近づくにつれ、透明度の低いピクセルも切り抜かれるようになります。「切り抜き」を選択します。
  3. 保存」を選択します。

メモ

切り抜いた画像を元の状態に戻すには、切り抜きエディタ画面で画像を表示し、「リセット」を選択します。

切り抜き領域の選択

  1. 画像を切り抜くには、ロールオーバーの​編集​ボタンを選択して「切り抜き」を選択するか、詳細ビューの参照パネルに画像を表示して「切り抜き」を選択します。

  2. 切り抜きエディタ(Crop Editor)ウィンドウで、切り抜く画像の一部を切り抜きボックスに配置します。 ボックス内に表示される内容は、「保存」を選択して画像を切り抜いた後に残る内容です。

  3. 切り抜き領域を調整するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ボックスの辺または角をドラッグします。切り抜きボックスの縦横比(形状)を維持しながらサイズを変更するには、Shift キーを押しながらドラッグします。
    • 「サイズ」ボックスで、切り抜くサイズをピクセル単位で指定します。
    • ドラッグして切り抜きボックスを移動します。ボックスの境界内でポインタを移動します。ポインタが 4 方向の矢印アイコンに変わったら、ボックスを画面上の移動先の位置にドラッグします。
  4. 保存」を選択します。

メモ

切り抜いた画像を元の状態に戻すには、切り抜きエディタ画面で画像を表示し、「リセット」を選択します。

このページ