リッチメディア

Dynamic Mediaクラシックオファーは、リッチメディアを作成するための多くのツールを備えています。 次のタイプのリッチメディアを作成できます。

  • eCatalogs — カタログや他の印刷物のインタラクティブな検索が可能なWebバージョンを表示します。画像マップと呼ばれるクリック可能な領域を作成すると、説明をロールオーバー表示したり、ページめくり、ズーム、パンおよびページへのノート注釈の貼り付けを行ったりできます。詳しくは、クイックスタート:eCatalogを参照してください。

  • eVideo — デスクトップ、携帯端末、タブレットなどの複数の画面に対して、高品質のビデオエクスペリエンスを配信できます。定義済みのDynamic Mediaクラシックエンコーディングプリセットを使用するか、エンコーディングをカスタマイズしてビデオの品質とサイズを制御します。 完全なメタデータサポートにより、ビデオを整理、参照および検索して、ビデオアセットの効率的な管理を実現します。詳しくは、クイックスタート:eVideo を参照してください。

  • 画像マップ — 画像を任意のサイズと形式でWebサイト全体に動的に提供します。様々なサイズの画像を手動で作成するのではなく、1 つのマスター画像から画像を作成できます。要求された画像がDynamic Mediaクラシックに配信されると、サイズ、形式、重み付け、画質およびシャープの各要素を使用して、画質の高い画像が最適化されます。
    詳しくは、クイックスタート:画像サイズ変更を参照してください。

  • 画像セット — 複数の表示で商品を表示できる、インタラクティブなショッピングエクスペリエンスを提供します。ズーム、複数ビューおよびカラースウォッチを組み合わせて、統合されたビューア操作を実現できます。詳しくは、クイックスタート:画像セットを参照してください。

  • 混在メディアセット — 画像セット、スピンセット、スウォッチセット、ズームターゲット、ビデオ、オーディオを1つのプレゼンテーションでブレンドできます。混在メディアセットでは、タブを使用してビデオと画像を分けることができます。また、スウォッチやズームターゲットの表示場所、表示方法を指定したり、製品やサービスの完全なマルチメディア表示を行ったりすることもできます。詳しくは、クイックスタート:混在メディアセットを参照してください。

  • スピンセット — 画像を順番に並べて、水平方向にスピンします。スピンセットを使用すると、Webサイトの訪問者は製品をめくって別の角度から表示できます。 1 次元および 2 次元のスピンセットを作成できます。詳しくは、クイックスタート:スピンセットを参照してください。

  • スウォッチセット — ショッピングしているときと同じ感覚で、様々な色やパターンの製品を表示できます。ズーム、複数ビューおよびカラースウォッチを組み合わせて、統合されたビューア操作を実現できます。クイック開始を参照:スウォッチセット

  • 基本テンプレート — データ駆動型のテンプレートを作成し、モノグラム、オンラインでの個人設定、プロモーション用に、フォント、画像、グラフィックを組み合わせます。例えば、販売用や宣伝用のグラフィックを製品の画像に重ね合わせたり、T シャツやマグカップに顧客の名前を入れたりできます。顧客の名前入りの電子メールメッセージやパンフレットを顧客に届けることができます詳しくは、クイックスタート:基本テンプレートを参照してください。

  • ズームターゲット -Dynamic Mediaクラシックに付属の設定可能なビューアを使用して、画像のズームイン、ズームアウトおよびパンを行うことができます。簡単かつインタラクティブに高解像度画像で製品の細部を表示できます。詳しくは、クイックスタート:ズームを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now