バルク指定とブロック

最終更新日: 2023-07-18
  • 作成対象:
  • Beginner
    Leader
    User

バルク指定

バルク指定とは、ISP のスパムまたは迷惑メールフォルダーにメールが配信されることです。通常より低い開封率(および場合によっては低いクリック率)と高い配信率が対になっている場合に識別できます。E メールがバルク指定される原因は、ISP によって異なります。メッセージがバルクフォルダーに入れられる場合は通常、送信の評判(リストの衛生状態など)に影響するフラグの再評価が必要です。これは評判が低下している印であり、その後のキャンペーンに影響を与える前にすぐに修正する必要がある問題です。Adobe の配信品質コンサルタントと協力し、状況に応じてバルク指定問題を修正してください。

ブロック

ブロックは、スパム指標が ISP 独自のしきい値に達し、ISP が送信者からのメールをブロックした(これはメール送信がバウンスされることでわかります)場合に発生します。ブロックには様々な種類があります。一般に、ブロックは特定の IP アドレスにおいて発生しますが、送信側のドメインやエンティティのレベルで発生する可能性もあります。ブロックの解決には特殊な専門知識が必要となるので、Adobe の配信品質コンサルタントにお問い合わせください。

ブロックリストへの登録

サードパーティのブロックリスト管理者が、ある送信者についてスパマーのような行動を認めた場合にブロックリストへの登録が発生します。ブロックリストへ登録された原因は、ブロックリスト登録者が公表することがあります。リスト登録は一般的に IP アドレスに基づいておこなわれますが、より深刻な場合は IP 範囲や送信ドメインに基づいておこなわれることもあります。ブロックリストへの登録を完全に解決し、その後ブロックリストに登録されるのを防ぐには、Adobe の配信品質コンサルタントからのサポートを得る必要があります。非常に厳しいブロックリストもあり、解決するのが難しい、長期的な評判問題を起こす可能性もあります。ブロックリストへの登録による影響はブロックリストによって異なりますが、すべての E メール配信に影響を与える可能があります。

その他のリソース

このページ