Verizon Media Group (Yahoo、AOL、Verizon など)

Verizon Media Group は、通常、ほとんどの B2C リストの上位 3 つのドメインの 1 つです。レピュテーションの問題が発生した場合、通常はメールをスロットルしたり、バルクメールを送信したりするので、これらはいくぶん独自の動作をします。

主な特徴を次に示します。

重要なデータ

Verizon Media Group (VMG) は、コンテンツと URL フィルタリングとスパム苦情の組み合わせを使用して、独自のスパムフィルターを構築し、維持しています。Gmail と共に、ドメインおよび IP アドレスで E メールをフィルタリングする ISP を採用する初期の段階の 1 つです。

利用可能なデータ

VMG には、苦情情報を送信者に送り返す FBL があります。 また、将来的にデータを追加する予定です。

送信者の評価

送信者のレピュテーションは、IP アドレス、ドメイン、送信元アドレスの組み合わせで構成されます。 レピュテーションは、苦情、スパムトラップ、非アクティブなアドレスや形式が正しくないアドレス、エンゲージメントなど、従来のコンポーネントを使用して計算されます。 VMG は、スパムに対する防御のため、一括フォルダーと共にレート制限(スロットリングとも呼ばれます)を使用します。 PBL、SBL、XBL などの Spamhaus 個々の黒いリストを使って、内部のフィルタリングシステムを補完し、ユーザーを保護します。

Insights

VMG は、最近、古い、非アクティブな、電子メールアドレスの定期メンテナンス期間を持っています。 つまり、無効なアドレスのバウンスが大幅に増加し、短期間の配信速度に影響を与える可能性があるのを観察するのが一般的です。 また、送信者からの無効なアドレスのバウンス率が高いことも、獲得やエンゲージメントポリシーを強化する必要があることを示しています。 送信者は、多くの場合、無効なアドレスの約 1%で悪影響を受ける可能性があります。

このページ