Microsoft (Hotmail, Outlook, Windows Live, etc.)

Microsoft は、通常、リストの構成に応じて 2 番目または 3 番目に大きいプロバイダーで、他の ISP とは少し異なるトラフィックを処理します。

主な特徴を次に示します。

重要なデータ

Microsoft フィードバックを求めて投票する、送信者のレピュテーション、苦情、ユーザーエンゲージメント、および信頼できるユーザーのグループ(送信者レピュテーションデータまたは SRD とも呼ばれます)に焦点を当てます。

使用可能にするデータ

Microsoftの独自の送信者レポートツール Smart Network Data Services (SNDS) を使用すると、送信するメールの量と受け入れられるメールの量、苦情やスパムトラップに関する指標を確認できます。 共有されるデータはサンプルで、正確な数値は反映されませんが、方法を表すのが最適な方法であることに注意してください Microsoft 自分を送信者として表示します。 Microsoft では、信頼されたユーザーグループに関する情報は公開されていませんが、そのデータは Return Path Certification 追加料金のプログラム。

送信者の評価

Microsoft は、従来、レピュテーション評価での IP の送信とフィルタリングの決定に焦点を当ててきました。 また、送信ドメイン機能の拡張にも積極的に取り組んでいます。 どちらも、苦情やスパムトラップなど、従来の評判の影響者に主導されています。 また、配信品質は、特定の定量的および定性的なプログラム要件を持つ Return Path Certification プログラムの大きな影響を受ける場合があります。

Insights

Microsoft は、すべての受信ドメインを組み合わせて、送信レピュテーションを確立し、追跡します。 これには以下が含まれます。 Hotmail, Outlook, MSN, Windows Liveなどを実行し、会社の Office 365 でホストされる電子メールも送信します。 Microsoft は、ボリュームの変動に特に影響を受けやすいので、ボリュームに基づく急激な変更を可能にするのではなく、大きな送り口からランプアップ/ダウンする特定の戦略を適用することを検討してください。

Microsoft また、は IP ウォーミングの初期の日には特に厳格です。これは、通常、ほとんどのメールが最初にフィルタリングされることを意味します。 多くの ISP は、有罪と判断されるまで送信者を無罪と見なします。 Microsoft その反対で、自分が無実であると証明するまで、自分を有罪と考える。

このページ