CJA での接続の詳細

接続の詳細エクスペリエンスでは、接続のデータセットのステータスと取り込みプロセスのステータスを確認できます。

このステータスチェックを使用すると、データが使用可能になったタイミングを把握して、Analysis Workspace に移動して分析を開始できます。また、設定ミスによるデータの食い違いも特定できます。 スキップされた行または削除された行はありますか?「はい」の場合、いつ何行がスキップまたは削除されましたか?接続の設定の誤りが原因で CJA でデータがスキップされるケースはありましたか?

詳しくは、ドキュメントを参照してください。

このページ