Campaign Standard API の基本を学ぶ

Campaign Standard API は、Adobe Campaign Standard 向けの​統合を実現​し、Adobe Campaign Standard と使用するテクノロジーのパネルを連携させて​独自のエコシステムを構築​することを目的としています。

Adobe Campaign Standard API を使用すると、次の機能にアクセスできます。

conditions

プロファイル

条件

サービスと購読

条件

カスタムリソース

条件

マーケティング履歴

条件

プライバシーの管理

条件

トランザクションメッセージ

条件

ワークフロー

条件

組織単位

メモ

API 呼び出しを実行する前に、使用許諾契約に対応する拡張制限を確認してください。詳しくは、このページを参照してください。

Campaign Standard API を使用するには、Adobe I/O アカウントが必要です。これは、適切な API 機能を探し、利用するために必須となる最初の手順です。
詳しくは、この節を参照してください。

アドビが提供する API は、REST インターフェイスと JSON ペイロードを備えた​標準的な概念​を使用します 。

メモ

これらの例はすべて Postman で使用できますが、任意の REST クライアントをご利用いただけます。

このドキュメントでは、すべてのエンドポイントについて詳述するほか、API の操作に関する一般的な基本事項、完全な API リファレンス、コード例、クイックスタートガイドを紹介します。

API について不明な点や問題がある場合は、アドビコミュニティで質問してください。

このページ