API アクセスの設定 setting-up-api-access

Adobe Campaign Standardの API アクセスは、以下の手順でセットアップします。 これらの各手順について詳しくは、こちらを参照してください Adobe Developer ドキュメント.

IMPORTANT
で証明書を管理するには Adobe Developer。次が揃っていることを確認します システム管理者 組織またはに対する権限 開発者アカウント Admin Consoleで。
  1. 電子証明書があることを確認します ​または、必要に応じて作成します。 証明書に記載されている公開鍵と秘密鍵は、以降の手順で必要になります。

  2. Adobe Campaign サービスへの新しい統合の作成 。対象: Adobe Developer そして、設定します。 次に、資格情報を生成します(API キー、クライアントシークレットなど)。

  3. JSON web トークン(JWT)を作成 生成済みの資格情報から、秘密鍵を使用して署名します。 JWT では、Adobeがユーザーの ID が正しいことを確認し API へのアクセス権をユーザーに付与するのに必要なすべての ID およびセキュリティ情報をエンコードします。

    note important
    IMPORTANT
    JWT(JSON web トークン)は、現在非推奨(廃止予定)の段階で、OAuth に置き換えられています。この移行は、Campaign の今後のリリースで段階的に実行されます。 サービスアカウント(JWT)資格情報は非推奨(廃止予定)としてマークされ、2025 年 1 月 27 日(PT)まで引き続き機能します。 したがって、2025 年 1 月 27 日(PT)より前に、新しい OAuth サーバー間資格情報を使用するようにアプリケーションまたは統合を移行する必要があります。 OAuth 認証をお勧めします。 JWT 認証から OAuth 認証に移行するすべての要素は、次のページにあります。
  4. JWT をアクセストークンと交換する POSTリクエストを通じて行います。 このアクセストークンを API リクエストの各ヘッダーで使用する必要があります。

セキュアなサービス間Adobe I/OAPI セッションを確立するには、Adobe サービスへのすべてのリクエストで、以下の情報を Authorization ヘッダーに含める必要があります。

-X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/profile \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
-H 'Cache-Control: no-cache' \
-H 'X-Api-Key: <API_KEY>'
  • <organization>:これは個人の組織 ID で、インスタンスごとに 1 つの組織 ID がAdobeから提供されます。

    • <organization> :実稼動インスタンス、
    • <organization-mkt-stage>:ステージインスタンス。

    ORGANIZATION ID の値を取得するには、管理者またはAdobeの技術担当者にお問い合わせください。 また、新しい統合を作成する際に、ライセンスリストでAdobe I/Oに取得することもできます( Adobe Developer ドキュメント)に設定します。

  • <access_token>:POSTリクエストを通じて JSON web トークンを交換する際に取得した個人用アクセストークンです。

  • <api_key>:個人用 API キー。 Adobe Campaign サービスへの新しい統合を作成した後、Adobe I/Oで提供されます。

    代替テキスト

トラブルシューティング

AdobeIO 統合中に、次のエラーが表示される場合。

{
"code": 502,
"message": "Oops. Something went wrong. Check your URI and try again."
}

CNAME パラメーターが正しく作成されているかどうかを確認するには、管理者またはAdobeの技術担当者に問い合わせてください。

recommendation-more-help
3ef63344-7f3d-48f9-85ed-02bf569c4fff