バウンス概要

このレポートには、配信中に発生したハードエラーとソフトエラーの全体と、バウンスの自動処理の詳細が表示されます(配信エラーの理解を参照)。

各テーブルは、概要の数値とグラフで表されます。 各ビジュアライゼーション設定での詳細の表示方法を変更できます。

Flop 5の再分 割は、強制隔離の数が最も多い5つの配信をリストします。

バウンス理由​テーブルには、各配信でバウンスが発生したエラーのタイプで使用可能なデータが含まれます。

  • User unknown:配信が無効なEメールアドレスに送信されたときに生成されるエラーのタイプ。

  • Invalid domain:ドメインが正しくないか存在しないEメールアドレスに配信が送信されたときに生成されるエラーのタイプ。

  • Unreachable:一時的に到達できないドメインなど、メッセージ配信文字列で発生したエラーのタイプ。

  • Account disabled:存在しないEメールアドレスに配信を送信したときに生成されるエラーのタイプ。

  • Mailbox full:受信者の受信ボックスがいっぱいになったときに生成されるエラーのタイプ。このエラーが生成される前に、メッセージの配信は5回試行されます。

  • Not connected:受信者の携帯電話の電源が切れた場合、またはメッセージの送信時にネットワークに接続されていない場合に生成されるエラーのタイプ。

    メモ

    このタイプのエラーは、モバイルチャネルでの配信のみに関係します。

  • Refused:インターネットサービスプロバイダー(ISP)がアドレスを拒否した場合に生成されるエラーのタイプ。例えば、スパム対策ソフトウェアによってセキュリティルールが適用された場合などです。

ドメインの再パーティション​テーブルには、受信者のドメインに従って、配信中に発生した全体的な問題が表示されます。

このページ