動的レポートの概要

動的レポートの管理と共有

レポートの作成

レポートのカスタマイズ

動的レポートは、完全にカスタマイズ可能なリアルタイムレポートを提供し、マーケティングアクティビティの影響を測定します。 プロファイルデータへのアクセスを追加し、開封数やクリック数などの機能的なEメールキャンペーンデータに加えて、性別、市区町村、年齢などのプロファイルディメンションによる人口統計分析を有効にします。

動的レポートをビデオで確認

レポートの管理と共有

動的レポート​ドラッグ&ドロップインターフェイス​を使用すると、データを調べ、最も重要な顧客セグメントに対するEメールキャンペーンの効果を特定し、1か所で受信者への影響を測定できます。

次の様々な機能を 使用して、動的レポートを管理します。データをリアルタイムで更新したり、レポートを印刷したり、CSVファイルとして書き出したりできます。また、ワンショットEメールや繰り返しEメールを使用して、Campaign Standardユーザーとレポートを共有することもできます。

詳しくは、以下を参照してください。

レポートの作成

Campaign Standardには、マーケティングキャンペーンの様々な側面を測定できる​すぐに使用できる動的なレポート​が用意されています。バウンス、スパムまたは迷惑メールとして最も多く宣言された配信、受信者による最も多く閲覧された配信、チャネル関連レポート、配信スループット、トラッキングレポートなど。

様々なコンポーネント (ディメンション、指標およびセグメント、期間)を組み合わせて、独自のレポートを作成したり、標準のレポートをパーソナライズしたりできます。

詳しくは、以下を参照してください。

レポートのカスタマイズ

レポートをカスタマイズ するには、次の動的レポートデザイン機能を利用します。必要な数のコンポーネント(パネルとフリーフォームテーブル)を追加し、使用可能な指標とディメンションを使用してデータを分析します。

ビジュアライゼーション項目​をドラッグ&ドロップして、データのグラフィカルな表現をレポートに追加し、必要に応じて設定します。

プロファイルリソース拡張時に作成された​カスタムプロファイルデータ​と、ターゲティングワークフローで定義されたセグメント​に基づく​レポートに基づいてレポートを作成します。

詳しくは、以下を参照してください。

その他のリソース

チュートリアルビデオ

このビデオでは、Adobe Campaign Standardのレポート機能の概要を説明します。

追加のCampaign Standardハウツービデオはこちらからご覧いただけます。

このページ