サービス購読者に対する増分処理クエリ

次の例は、Running Newsletter サービスを購読しているプロファイルを Adobe Campaign データベース内でフィルタリングして、プロモーションコードを記載したようこそメールをそれらのプロファイルに送信する「Incremental query」アクティビティの設定を示しています。

ワークフローは、次の要素で構成されています。

  • 毎週月曜日の午前6時にスケジューラーを実行するアクティビティワークフロー。

  • 増分処理クエリアクティビティ。最初の実行時に現在のすべてのサブスクライバをターゲットし、次の実行時にその週の新しいサブスクライバのみを実行します。

  • 電子メール配信アクティビティ。 ワークフローは週に 1 回実行されますが、送信された E メールとその結果を 1 ヶ月ごとに集計できます。例えば、1 週間単位ではなく、1 ヶ月全体でのレポートを生成できます。

    それには、ここで​Recurring email​を作成し、「By month」で指定した月数を単位として E メールとその結果を再グループ化します。

    E メールのコンテンツ定義し、ウェルカムプロモーションコードを挿入します。詳しくは、「電子メールコンテンツの定義」の節を参照してください。

そのあと、ワークフローの実行を開始します。毎週、新規購読者には、プロモーションコードが記載されたようこそメールが送信されます。

このページ