ワークフローでの繰り返しプッシュ通知の送信

最終更新日: 2023-08-17
  • トピック:
  • Workflows
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Intermediate
    Developer

この例では、パーソナライズされたプッシュ通知は、月の初日の午後 8 時に、それぞれのタイムゾーンに応じて、モバイルアプリケーションの購読者に送信されます。

ワークフローを構築するには、次の手順に従います。

  1. The スケジューラ 「 」アクティビティを使用すると、配信が開始される前のワークフローを何日か開始し、任意のタイムゾーンの午後 8 時にすべての購読者に通知を送信できます。

    • Adobe Analytics の Execution frequency 「毎月」を選択します。
    • で午後 8 時を選択します。 Time フィールドに入力します。
    • 毎月、配信を送信する日付を選択します。
    • ワークフローの開始日(配信が開始される 1 日以上前)を選択します。 そうしないと、選択した時間が既にタイムゾーンを過ぎている場合は、一部の受信者が 1 日後にメッセージを受け取る可能性があります。
    • Adobe Analytics の Execution options 」タブで、ワークフローが開始するタイムゾーンを選択します。 Time zone フィールドに入力します。 例えば、ワークフローは太平洋時間の午後 8 時(月の最初の日の 1 週間前)に開始し、該当するすべてのタイムゾーンで配信を作成するのに時間を割くようにします。
    メモ

    デフォルトで選択されるタイムゾーンは、ワークフローのプロパティで定義されたタイムゾーンです(ワークフローの作成を参照)。

  2. The クエリ 「 」アクティビティでは、20 ~ 30 歳の、モバイルアプリケーションを購読していて、送信した E メールを開封していないVIP顧客をターゲットに設定できます。

    • オーディエンス (VIPのお客様 ) を選択し、年齢に基づいてフィルタリングします。

    • 次をドラッグ&ドロップ: アプリケーションの購読 要素をワークスペースに追加します。 選択 存在する をクリックし、使用するモバイルアプリケーションを選択します。

    • 顧客に送信した E メールを選択します。

    • 次をドラッグ&ドロップ: 配信ログ(ログ) 要素をワークスペースに追加して、 存在する :電子メールを受信したすべての顧客をターゲットにします。

    • 次をドラッグ&ドロップ: トラッキングログ(トラッキング) 要素をワークスペースに追加して、 存在しない をクリックして、e メールを開封しなかったすべての顧客をターゲットにします。

  3. The プッシュ通知配信 「 」アクティビティでは、メッセージの内容を入力し、使用するパーソナライゼーションフィールドを選択できます。

    • を選択します。 Recurring notification オプション。

    • プッシュ通知のコンテンツを定義します。 プッシュ通知のコンテンツについて詳しくは、 セクション.

    • Adobe Analytics の Schedule ブロック、選択 Messages to be sent automatically on the time zone specified below. ここでは、 Time zone of the contact date ワークフローと同様に太平洋 Scheduler.

    • Optimize the sending time per recipient」フィールドで「Send at the recipient’s time zone」を選択します。

  4. 次をクリック: Start ボタンをクリックして、繰り返しワークフローを開始します。

これで、ワークフローが実行されています。 開始日は Scheduler 太平洋時間の午後 8 時に、顧客のタイムゾーンに応じて、月の初日の午後 8 時に繰り返しのプッシュが送信されます。

このページ