トランザクションメッセージでの製品リストの使用

重要

製品リストは、Eメールデザイナーインターフェイスを通じて​トランザクション用のメールメッセージ​に対してのみ使用できます。

トランザクションEメールのコンテンツを編集する際に、1つ以上のデータコレクションを参照する製品リストを作成できます。 例えば、買い物かごの放棄に関する電子メールで、ユーザーがWebサイトを離れた際に買い物かごに含まれていたすべての製品のリストを、画像、価格、各製品へのリンクと共に含めることができます。

トランザクションメッセージに放棄された製品のリストを追加するには、次の手順に従います。

また、トランザクション用のEメールで製品リストを設定するために必要な手順を説明するこのビデオを見ることもできます。

メモ

Adobe Campaign は入れ子になった製品リストをサポートしていません。つまり、別の製品リストに製品を含めることはできません。

製品リストの定義

トランザクションメッセージ内の製品リストを使用する前に、表示するリストの各製品のリストとフィールドをイベントレベルで定義する必要があります。詳しくは、データコレクションの定義を参照してください。

  1. トランザクションメッセージで、「Content」ブロックをクリックしてメールの内容を変更します。

  2. 構造コンポーネントをワークスペースにドラッグ&ドロップします。詳しくは、Eメール構造の定義を参照してください。

    例えば、1 列の構造コンポーネントを選択し、テキストコンポーネント、画像コンポーネント、ボタンコンポーネントを追加します。詳しくは、コンテンツコンポーネントの使用を参照してください。

  3. 先ほど作成した構造コンポーネントを選択し、コンテキストツールバーの「Enable product listing」アイコンをクリックします。

    構造コンポーネントはオレンジ色のフレームでハイライト表示され、「Product listing」設定は左側のパレットに表示されます。

  4. コレクションの要素の表示方法を選択します。

    • Row:水平方向とは、他の行の下の各要素を意味します。
    • Column:垂直方向とは、同じ行で各要素が隣り合っていることを意味します。
    メモ

    この Column オプションは、複数列の構造コンポーネント(2:2 column3:3 column および 4:4 column)を使用する場合にのみ使用できます。製品リストを編集する場合は、最初の列にのみ入力します。他の列は考慮されません。構造コンポーネントの選択について詳しくは、Eメール構造の定義を参照してください。

  5. トランザクションメッセージに関連するイベントを設定する際に作成したデータ収集を選択します。これは、ContextReal-time eventEvent context ノードの下にあります。

    イベントの設定について詳しくは、データコレクションの定義を参照してください。

  6. First item」ドロップダウンリストを使用して、メールに表示されるリストを開始する要素を選択します。

    例えば、「2」を選択した場合、コレクションの最初のアイテムはメールに表示されません。2 つ目のアイテムは製品リストに開始されます。

  7. リストに表示するアイテムの最大数を選択します。

    メモ

    リストの要素を垂直に表示する場合(Column)は、選択した構造コンポーネント(2、3、4 列)に応じて、アイテムの最大数が制限されます。構造コンポーネントの選択について詳しくは、メール構造の編集を参照してください。

製品リストへの入力

トランザクションメールにリンクされたイベントからの製品のリストを表示するには、次の手順に従います。

コレクションの設定時に、イベントおよび関連するフィールドを作成する方法について詳しくは、データコレクションの定義を参照してください。

  1. 挿入したイメージコンポーネントを選択し、「Enable personalization」を選択して設定パネルで鉛筆をクリックします。

  2. 開いた「Image source URL」ウィンドウで「Add personalization field」を選択します。

    ContextReal-time eventEvent context ノードで、作成したコレクションに対応するノード(ここでは Product list)を開き、定義した画像フィールド(ここでは Product image)を選択します。「Save」をクリックします。

    選択したパーソナライゼーションフィールドが設定ペインに表示されます。

  3. 目的の位置で、コンテキストツールバーから「Insert personalization field」を選択します。

  4. ContextReal-time eventEvent context ノードで、作成したコレクションに対応するノード(ここでは Product list)を開き、作成したフィールド(ここでは Product name)を選択します。「Confirm」をクリックします。

    選択したパーソナライゼーションフィールドがメールコンテンツ内の目的の位置に表示されます。

  5. 価格を挿入する場合と同様におこないます。

  6. テキストを選択し、コンテキストツールバーから「Insert link」を選択します。

  7. 開いた「Insert link」ウィンドウで「Add personalization field」を選択します。

    ContextReal-time eventEvent context ノードで、作成したコレクションに対応するノード(ここでは Product list)を開き、作成した URL フィールド(ここでは Product URL)を選択します。「Save」をクリックします。

    重要

    セキュリティ上の理由から、適切な静的ドメイン名で始まるリンク内にパーソナライゼーションフィールドを挿入してください。

    選択したパーソナライゼーションフィールドが設定ペインに表示されます。

  8. 製品リストを適用する構造コンポーネントを選択し、デフォルトコンテンツを定義する場合に「Show fallback」を選択します。

  9. 1 つまたは複数のコンテンツコンポーネントをドラッグし、必要に応じて編集します。

    顧客が買い物かごに何も入れていない場合など、イベントがトリガーされたときにコレクションが空の場合、フォールバックのコンテンツが表示されます。

  10. 設定ペインで、製品リストのスタイルを編集します。詳しくは、Eメールスタイルの管理を参照してください。

  11. 関連するトランザクションイベントにリンクされ、収集データを定義したテストプロファイルを使用して、メールをプレビューします。例えば、使用するテストプロファイルの「Event data」セクションに次の情報を追加します。

    トランザクションメッセージでのテストプロファイルの定義について詳しくは、この節を参照してください。

このページ