画像の操作

画像の挿入

電子メールやランディングページに画像を挿入できます。

設定に応じて、次のタイプの画像を使用できます。

注意

電子メールのHTMLバージョンを編集して画像を直接追加する場合は、HTMLページの<script>タグ​​外部ファイルを呼び出してはいけません。 これらのファイルは、Adobe Campaign サーバーにインポートされません。

電子メールに画像を挿入

  1. 構造追加コンポーネント。 詳しくは、メール構造の編集を参照してください。

  2. この構造コンポーネント内に、Image​コンテンツコンポーネントを追加します。

  3. Browse」をクリックします。画像をドラッグ&ドロップするか、クリックしてコンピューターからファイルを選択します。

  4. 先ほど追加したコンテンツコンポーネントを選択します。

  5. 画像のプロパティを確認し、必要に応じて調整します。

画像プロパティの設定

イメージを含むブロックを選択すると、パレットに次のプロパティが表示されます。

  • パーソナライゼーションを有効にする」を選択すると、画像ソースをカスタマイズできます。画像ソースの個人設定を参照してください。
  • 画像 タイトルは、画像のタイトルを定義します。
  • 代替テキスト (電子メール)または キャプション (ランディングページ)を使用すると、画像にリンクされたキャプションを定義できます( ​altHTML属性に対応)。
  • 電子メールを編集する際に、スタイル​を使用して、画像のサイズ、背景、境界線を指定できます。
  • ランディングページの編集時に、Dimension​で画像サイズをピクセル単位で指定できます。

エディタでは、ブラウザと互換性のある形式を持つ​すべてのイメージタイプ​を扱うことができます。 エディターと互換性を持たせるために、"Flash"タイプのアニメーション​は、次のようにHTMLページに挿入する必要があります。

<object type="application/x-shockwave-flash" data="http://www.mydomain.com/flash/your_animation.swf" width="200" height="400">
 <param name="movie" value="http://www.mydomain.com/flash/your_animation.swf" />
 <param name="quality" value="high" />
 <param name="play" value="true"/>
 <param name="loop" value="true"/> 
</object>

このページ