トランザクションメッセージのテスト

トランザクションメッセージを公開する前に、メッセージを適切に確認できる特定のテストプロファイルを作成できます。

特定のテストプロファイルの定義

イベントにリンクされるテストプロファイルを定義します。これにより、メッセージをプレビューし、関連する配達確認を送信できます。

  1. トランザクションメッセージダッシュボードで、「Create test profile」ボタンをクリックします。

  2. JSON 形式で送信する情報を「Event data used for personalization」セクションに指定します。これは、メッセージをプレビューするとき、およびテストプロファイルが配達確認を受け取るときに使用されるコンテンツです。

    メモ

    メッセージをエンリッチメントする場合は、Profile​など、別のテーブルに関連する情報を入力することもできます。 イベントのエンリッチメントおよびトランザクションメッセージのパーソナライズを参照してください。

  3. 作成後、テストプロファイルはトランザクションメッセージで事前に指定されます。 配達確認のターゲットを確認するには、メッセージの「Test profiles」ブロックをクリックします。

新規テストプロファイルを作成するか、既に「Test profiles」メニューにあるテストを使用することもできます。手順は次のとおりです。

  1. 左上隅の​Adobe​ロゴをクリックし、Profiles & audiences / Test profiles​を選択します。

  2. Event​セクションで、先ほど作成したイベントを選択します。 この例では、「買い物かごの放棄(EVTcartAbandant)」を選択します。

  3. JSON 形式で送信する情報を「Event data」テキストボックスに指定します。

  4. 変更を保存します。

  5. 作成したメッ セージにアクセスし、更新されたテストプロファイルを選択します。

関連トピック:

配達確認の送信

1つ以上の特定のテストプロファイルを作成し、トランザクションメッセージを保存したら、配達確認を送信してテストできます。

配達確認を送信する手順について詳しくは、配達確認の送信の節を参照してください。

このページ