統合セグメントビルダーを使用した新規オーディエンスの作成

メモ

この機能は現在ベータ版であり、予告なく頻繁に更新や変更が行われる場合があります。 Audience Destinations はAdobe Experience Platformに基づいており、具体的な設定が必要です。

この機能を実装する予定の場合は、Adobe Customer Supportにお問い合わせください。

Adobe Campaign Standardでは、Adobe Experience Cloudリアルタイム顧客プロファイルのデータを使用して、Adobe Experience PlatformUnified Segment Builderを使用してオーディエンスを作成できます。

Unified Segment Builderは、Audiencesモジュールを介してAdobe Campaign Standard内で直接アクセスできます。 これにより、これらのオーディエンスをAudiencesリスト表示で直接管理できます。このでは、Adobe Campaignインターフェイスから直接新しいAdobe Experience Platformオーディエンスを編集または作成できます

以下のビデオでは、Adobe Campaign StandardのUnified Segment Builderを使って新しいオーディエンスを作り出す方法を説明しています。

統合セグメントビルダーを使用したAdobe Campaign Standardでの新しいオーディエンスの作成方法(分02:47)

その他のリソース

ドキュメント:

ビデオリソース:

このページ