Audience Destinations (ベータ版) — 概要

Adobe Campaign StandardでのAdobe Experience Platformオーディエンスの活用

メモ

この機能は現在ベータ版であり、予告なく頻繁に更新や変更が行われる場合があります。 Audience Destinations はAdobe Experience Platformに基づいており、具体的な設定が必要です。

この機能を実装する予定の場合は、Adobe Customer Supportにお問い合わせください。

このチュートリアルでは、Adobe Campaign Standardのマーケティングキャンペーンに、Adobe Experience Platformのプロファイルデータを一元化し、統合したデータを活用する方法について説明します。

Adobe Campaign Standard内のAudiencesモジュールを使用すると、リアルタイム顧客プロファイルにあるAdobe Experience Platform- Data Servicesのデータを使用してセグメントを作成できます。

次のビデオチュートリアルに従って、各手順を進めてください。

  1. 統合セグメントビルダーを使用した新規オーディエンスの作成
  2. マーケティングワークフローでのAEPオーディエンスのアクティブ化
  3. プラットフォームオーディエンスの配信のターゲティングディメンションの変更

その他のリソース

*Adobe Experience Platform コネクタについて

このページ