カスタムリソースの作成 - はじめに

Adobe Campaign には事前定義済みのデータモデルが付属しています。このモデルでは、様々なリソースを使用してデータが定義されています。Campaign では、リソースを拡張したり、新規リソースを作成したりできます。

このマルチパートチュートリアルでは、カスタムリソースの作成とリンクに必要な手順について説明します。 このチュートリアルを完了すると、次の方法を習得できます。

  • カスタムリソースの作成
  • カスタムリソースへのフィールドの追加
  • 2 つのカスタムリソースのリンク
  • 画面定義の設定

前提条件

カスタムリソースを作成するには、管理ユーザー権限が必要です。

チュートリアルの概要

マーケティングやリマーケティングに利用できるよう、顧客の注文内容に関する追加情報を活用できるようにしたいと考えています。

そのためには、標準提供のリソースを拡張し独自のカスタムテーブルを追加して、Campaign データモデルをエンリッチメントします。 顧客と注文テーブルを追加します。

このチュートリアルでは、次の手順を順を追って説明します。

手順 1 - カスタムリソースの作成
手順 2 - 画面定義の設定
手順 3 - カスタムリソースのリンク
手順 4 - カスタムリソースへのデータの入力

チュートリアルの開始

カスタムリソースの作成

その他のリソース

カスタムリソース(ドキュメント)

このページ