キューブの基本を学ぶ

データベースに格納されているデータの調査は、マーケティング分析​モジュールを通じて提供されます。これにより、データの分析と測定、統計の計算、レポートの作成と計算のシンプル化および最適化が可能になります。それに加え、マーケティング分析では、レポートの作成とターゲット母集団の定義も可能です。ターゲット母集団は、一旦特定されると、Adobe Campaign で使用できるリスト(ターゲティングやセグメント化など)に格納されます。

キューブは、配信レポート(配信トラッキング、クリック数、開封数など)を始めとする、特定のビルトインレポートの生成に使用されます。キューブに基づいたレポートは、500 万ファクト行未満のデータ量に対する標準としてのみ使用できます。

データベースの調査および分析機能を拡張できると同時に、最終ユーザーがレポートやテーブルを設定しやすくなります。計算、測定および統計を処理するレポートやテーブルを作成する際に、既存の(完全に設定された)キューブを選択するだけです。

キューブが作成および設定されると、レポートのクエリボックスや Web アプリケーションで使用されます。キューブをピボットテーブル内で使用して操作できます。

注意

マーケティング分析​は Adobe Campaign のモジュールです。後述の機能を使用するには、このモジュールをインスタンスにインストールする必要があります。

Campaign Marketing Analytics モジュールを使用してできることは次のとおりです。

  1. キューブの作成

    • データを集計してワークテーブルに保存し、ユーザーのニーズに基づいて指標を事前に計算、
    • レポートやクエリで使用する様々な計算に関連するデータ量を削減し、指標の計算時間を大幅に最適化、
    • データへのアクセスを簡素化し、(事前に集計されているかどうかに関わらず)ユーザーが様々なディメンションに応じてデータを操作できるようにします。
  2. ピボットテーブルの作成

    • 計算済みのデータや設定済みの測定値を調査
    • 表示するデータとその表示モードを選択
    • 使用する測定値や指標をパーソナライズ
    • 技術的なバックグラウンドを持たないユーザーにインタラクティブな分析ツールを提供
  3. キューブで計算および集計したデータを使用したクエリの作成

  4. 母集団の特定とリストでの参照

キューブの作成および使用方法については、Adobe Campaign v8 ドキュメントを参照してください。

このページ