アプリケーションオブジェクト

組み込みオブジェクトを監視し、オブジェクトの増加を防ぐことが重要です。

IDのシーケンス

Adobe Campaignは、それに応じて使用されるIDシーケンスを使用します。xtkNewId. シーケンスが非常に迅速に消費される場合(1日に10万件など)は、1日に数百万通のEメールを送信するなど、ビジネス要件と一致していることを確認する必要があります。 特定のテーブル用に専用のシーケンスを定義できます。 IDの使用状況を監視するワークフローを設定できます。

シーケンスが20億(2,147,483,648が正確な数)を超える場合、ゼロに戻ります。 このシーケンスは避け、問題を生み出す必要があるので、このシーケンスを監視する必要があります。

大きなテーブルでこれを防ぐには、特定のシーケンスを使用することを検討してください。 これは、スキーマ内の​pkSequence​属性を使用して実行できます。

多数のログを作成する高頻度のワークフローは、多くのIDを消費します。 したがって、ワークフロー内のログや頻度が多すぎるのを防ぐことを強くお勧めします。

シーケンスのサイクルが既に完了している場合、最も良い解決策は —2,147,483,648から始まる負のIDに切り替えることです。

フォルダー

どのインスタンスにも1,000個未満のフォルダーが存在する必要があります。 これより多くのフォルダーがあると、Campaignクライアントでパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。 監視ジョブを設定して、フォルダーやワークフローなどの数をカウントし、定期的にレポートを返すことができます。

また、作成するオブジェクトが多すぎるユーザーをハイライト表示します。

配信

インスタンス上の配信数は、常に1,000件未満にする必要があります。 配信の数が多いと、データベース容量を消費して問題が発生します。 1日に10件を超える配信を作成するインスタンスは、ビジネス要件と照合する必要があります。 作成する配信数を減らすには、連続配信の使用を検討します。 詳細については、このセクションを参照してください。

2年を超える配信は、インスタンスからパージする必要があります。

ファイル

アプリケーションサーバーディスク上のファイル数は、無期限に増やしてはいけません。

インポートワークフローは、ファイルを作成するので、ディスクの拡張を引き起こします。 これは、標準の「ファイルコレクター」アクティビティを使用することで防止できます。 ファイルコレクターは、ファイルを一時フォルダーに移動し、自動的に削除します。

ワークフローでファイルをインポートし、標準の機能を利用しない場合は、ディスク領域を最小限に抑えるためにパージする必要があります。

トランザクションデータとログ

Adobe Campaignにデータを読み込むワークフローごとに、データベースのサイズが大きくなります。

クリーンアップまたはパージワークフローが実行中で、レコードが効果的にパージされていることを確認します。 すべてのトランザクションデータとログはパージする必要があります。 クリーンアップタスクでは、標準のテーブルのみを削除します。トラッキングおよび配信ログ。 特定のテーブルは、特定のワークフローでパージする必要があります。 この節を参照してください。

レコードの最も古い作成日を確認して、古いトランザクションデータを監視します。

このページ