Campaign と Experience Cloud トリガーの連携

Triggers は、パイプラインを使用して Adobe Campaign と Adobe Analytics を統合します。パイプラインは、web サイトからユーザーのアクションまたはトリガーを取得します。買い物かごの放棄は、トリガーの一例です。トリガーが Adobe Campaign で処理されて、ほぼリアルタイムで E メールが送信されます。

注意

この機能は、製品の一部として標準搭載はされていません。この実装では、最初にアドビのサポートでチケットを開く必要があります。すると、このページで詳しく説明されている手順を実行できるようになります。

Triggers は、ユーザーのアクションの後、短時間のうちにマーケティングアクションを実行します。通常の応答時間は 1 時間未満です。

設定は最小限で、サードパーティが関与しないので、より機敏な統合処理が可能です。
また、マーケティングアクティビティのパフォーマンスに影響を与えることなく、大量のトラフィックをサポートします。例えば、この統合機能では 1 時間に 100 万個のトリガーを処理できます。

Triggers アーキテクチャ

pipelined プロセスは、Adobe Campaign マーケティングサーバーで常に動作しています。パイプラインに接続し、イベントを取得してただちに処理します。

pipelined プロセスは、認証サービスを使用して Experience Cloud にログインし、秘密鍵を送信します。認証サービスがトークンを返します。トークンは、イベント取得時の認証に使用されます。

認証について詳しくは、このページを参照してください。

このページ