ソースと宛先の概要

ソースと宛先について

Adobe Experience Platform を使用すると、Campaign Classic とアドビのリアルタイム顧客データプラットフォーム(RTCDP)の間でデータを共有できます。 これにより、Campaign ワークフローで Adobe Experience Platform オーディエンスをターゲットに設定し、オーディエンスに関連するデータ(送信数、開封数、クリック数など)をアドビのリアルタイム顧客データプラットフォームへと送信できます。

  • 宛先​で、Adobe Experience Platform のオーディエンスを Campaign Classic に取得します。 これにより、マーケティングキャンペーンで既知のデータや不明なデータを活用することができます。
  • ソース​で、Campaign Classic のデータ(送信数、開封数、クリック数など)を Adobe Experience Platform にエクスポートします。 これにより、異なるソースから収集したデータを 1 か所に集め、得られたインサイトを利用してより多くのことを実行できます。
重要

この統合を使用する際は、Adobe Campaign の契約条件が定める SFTP ストレージ、データベースストレージ、アクティブプロファイルの制限に注意してください。

アドビのリアルタイム顧客データプラットフォーム、宛先、ソースについて詳しくは、次のページを参照してください。

Campaign Classic と Adobe Experience Platform の接続

Adobe Experience Platform と Campaign Classic の間でデータを共有するには、まず Adobe Campaign を​宛先​として接続し、AWS S3 または Azure Blob ストレージの場所を Adobe Experience Platform の​ソース​として接続する必要があります。

コネクタを設定したら、ワークフローを使用して、Campaign Classic へのデータのインポートまたはエクスポートを設定できます。

これらのインポートおよびエクスポートプロセスの設定方法について詳しくは、次の節を参照してください。

このページ