ホスティングモデル

Adobe Campaignは、3種類のホスティングモデルから選択でき、ビジネスニーズに合った最適なモデル(モデル)を柔軟かつ自由に選択できます。

メモ

Adobeがホストする環境では、サーバーの設定やインスタンス設定ファイルのカスタマイズなど、主なインストールおよび設定手順はAdobeのみ実行できます。 デプロイメントモード間の主な違いについて詳しくは、このページを参照してください。

Managed Services/ホスト

Adobe Campaignは、次のようにManaged Serviceとしてデプロイできます。ユーザーインターフェイス、実行管理エンジン、お客様のCampaignデータベースを含むAdobe Campaignのすべてのコンポーネントは、電子メールの実行、ミラーページ、トラッキングサーバー、購読解除ページ/環境設定センターやランディングページなど、外部に接続するWebコンポーネントで完全にホストされます。

ホスト版のお客様は、ほとんどのインストールおよび設定手順をAdobeで実行します。 以下のセクションにアクセスして実装をカスタマイズできます。

  • ブランドごとのトラッキングおよびミラーページURLの設定 トランザクションメッセージについては、をこの節で参照してください。
  • クライアントコンソールをインストールします。この節🔗をで参照してください。
  • 配信品質ツールとベストプラクティスの詳細については、詳細なドキュメントを参照してください。
  • キャンペーンオプションの設定:この節🔗をで参照してください。
  • CRMコネクタを設定します。この節🔗をで参照してください。

オンプレミス

Adobe Campaignはオンプレミスでデプロイできます。ユーザーインターフェイス、実行管理エンジン、データベースを含むAdobe Campaignのすべてのコンポーネントは、お客様のデータセンターのオンサイトに存在します。 このデプロイメントモデルでは、お客様はすべてのソフトウェアとハードウェアの更新とアップグレードを管理し、専用のデータベース管理者がメンテナンスと最適化のタスクを実行してCampaignインスタンスを確実に管理する必要があります。

オンプレミス型のお客様は、Campaign Classicのデプロイを開始する前に、次の前提条件と推奨事項に注意してください。

  • 互換性マトリックスを読み、Adobe Campaignでサポートされているすべてのバージョンのシステムとコンポーネントを示します。
  • 環境に応じて、Windows🔗前提条件とLinuxの前提条件を確認します。
  • データベースエンジンに関する推奨事項については、この節を参照してください。
  • 必要なデータベースアクセスレイヤーがサーバーにインストールされ、Adobe Campaignアカウントからアクセスできることを確認します。 詳細情報
  • 一部のプロセスは他のプロセスと通信したり、LANやインターネットにアクセスしたりする必要があるので、ネットワークを設定します。 これは、これらのプロセスに対して一部のTCPポートを開く必要があることを意味します。 ネットワーク 構成要件の詳細を説明します。
  • Campaignのセキュリティとプライバシーのチェックリストを参照してください。
  • オンプレミスデプロイメントのハードウェア要件の推定に関する一般的なガイドラインを確認します。🔗

ハイブリッド

ハイブリッドモデルとしてデプロイする場合、Adobe Campaignソリューションソフトウェアはオンプレミスで顧客サイトに存在し、実行管理はAdobeによってクラウドサービスとして提供されます。 Adobe Campaign Marketingインスタンスは顧客のファイアウォール内にインストールされるので、個人情報(PII)は社内に残り、Eメールのパーソナライズに必要なデータのみがEメールの実行のためにCloudに送信されます。 クラウドでホストされる実行インスタンスは、オンプレミスインスタンスからEメールを配信する要求を受け取ります。 このインスタンスは、すべてのEメールをパーソナライズして配信します。 どのような種類のデータも、クラウドに永続的に保存されません。

ハイブリッドのお客様は、インストールおよび設定手順のほとんどをAdobeで実行します。 以下のセクションにアクセスして実装をカスタマイズできます。

  • トランザクションメッセージの設定:この節🔗をで参照してください。
  • ブランドごとのトラッキングおよびミラーページURLの設定 トランザクションメッセージについては、をこの節で参照してください。
  • クライアントコンソールをインストールします。この節🔗をで参照してください。
  • 組み込みパッケージのインストール:この節🔗をで参照してください。
  • 配信品質:MXルールeメールフォーマットを設定します。 配信品質ツールとベストプラクティスの詳細については、詳細なドキュメントを参照してください。
  • キャンペーンオプションの設定:この節🔗をで参照してください。
  • 外部データベース(Federated Data Access)の設定:この節🔗をで参照してください。
  • CRMコネクタの設定:この節🔗をで参照してください。
  • ミッドソーシングデプロイメントの原則について詳しくは、この節を参照してください。

このページ