データを更新

データを更新​タイプのアクティビティは、データベースのフィールドを一括更新します。

操作のタイプ

操作のタイプ」フィールドで、データベース内のデータに実行する処理を選択します。

  • 挿入または更新:データを追加するか、既に追加されているデータを更新する場合。
  • 挿入:データを追加する場合のみ。
  • 更新:データを更新する場合のみ。
  • コレクションを更新して結合:データを更新してプライマリレコードを選択した後、このプライマリレコード内の重複レコードに関係付けられた要素にリンクさせる場合。重複レコードは、孤立した接続要素を作成することなく、削除できます。
  • 削除:データを削除する場合。

バッチサイズ」フィールドで、更新するインバウンドトランジション要素の数を選択できます。例えば 500 を選択すると、処理される最初の 500 レコードが更新されます。

レコード識別

データベース内のレコードを識別する方法を指定します。

  • データエントリが既存のターゲティングディメンションに関係する場合は、「ターゲティングディメンションを直接使用」オプションを選択し、「更新するディメンション」フィールドで、そのターゲティングディメンションを選択します。

    リンクを編集」ボタン(虫眼鏡のアイコン)を使用して、選択したディメンションのフィールドを表示できます。

  • または、データベース内のデータの識別または紐付けキーの直接使用を可能にするリンクを 1 つまたは複数指定します。

更新するフィールドの選択

フィールドに同じ名前を自動で関連付け」オプションを使用して、更新するフィールドを Adobe Campaign に自動選択させることができます。

また、「挿入」アイコンを使用して、更新するフィールドを手動で選択することもできます。

更新するフィールドを選択したら、必要に応じて、更新を実行する条件を追加します。そのためには、「次の場合に考慮」列を使用します。条件は 1 つずつ、リストの順番に適用されます。更新の順番を変更するには、右側の矢印を使用します。

同じ方向のフィールドを何度も使用できます。

挿入または更新」の処理では、適用されるキャンペーンを、1 つひとつ、またはフィールドごとに選択します。そのためには、必要な値を「操作」列で選択します。

modifiedDatemodifiedBycreatedDate および createdBy の各フィールドは、フィールド更新テーブルでそれらの管理モードが特に設定されていない限り、データの更新時に自動的に更新されます。

レコードの更新は、異なる値がレコードに少なくとも 1 つ含まれている場合のみ実行されます。すべての値が同じ場合は、更新はおこなわれません。

詳細設定パラメーター」リンクで、データを更新し、重複データを管理するための追加オプションを指定できます。また以下のオプションも設定できます。

  • 自動キー管理を無効にする
  • 監査を無効にする
  • ソースの値が空(NULL)の場合は宛先の値を空にする。このオプションはデフォルトで選択されています。
  • 名前が一致する列をすべて更新
  • 次の場合に有効にする」フィールドに式を入力して、ソースの要素を考慮する条件を指定する。
  • 式を使用して重複データを考慮する条件を指定する。「同じターゲットに関係するレコードを無視」オプションを選択した場合は、式のリスト内の最初に出現するレコードのみが考慮されます。

アウトバウンドトランジションを生成

実行の終了時に有効化される出力トランジションを生成します。通常は、更新によってターゲティングワークフローの終了が示されるので、このオプションはデフォルトでは有効化されません。

リジェクトされた項目のアウトバウンドトランジションを生成

更新後、(例えば、重複レコードが存在するなどで)正しく処理されなかったレコードを含むアウトバウンドトランジションを生成します。通常は、更新によってターゲティングワークフローの終了が示されるので、このオプションはデフォルトでは有効化されません。

コレクションの更新と結合

データの更新とコレクションの結合により、1 つまたは複数のセカンダリレコードのデータを使用して、レコード内のデータを更新できます(レコードを 1 つにしておきたい場合)。この更新は、ルールで管理されます。

メモ

このオプションで、ワークフローの作業用テーブル(targetWorkflow)、配信(targetDelivery)およびリスト(targetList)からのセカンダリレコードへの参照を処理できます。必要に応じて、これらのリンクは、フィールドとコレクションを選択するリストに表示されます。

  1. コレクションを更新して結合」の処理を選択します。

  2. 処理するリンクの優先順位を決めます。これにより、メインレコードを特定できます。処理できるリンクは、インバウンドトラジションによって変わります。

  3. プライマリレコードへ移動するコレクションと更新するフィールドを選択します。

    セカンダリレコードが 1 つまたは複数見つかったときに、これらのコレクションおよびフィールドに適用するルールを入力します。そのためには、式ビルダーを使用できます。詳しくは、この節を参照してください。例えば、すべての異なるレコードの更新値のうち最新のものを必ず保持するように指定します。

    次に、ルールで考慮する条件を入力します。

    最後に、実行する更新のタイプを指定します。例えば、データの更新後に、セカンダリレコードを削除するように選択できます。

    例えば、受信者用の購読リストなど、異種のデータが含まれるコレクションの結合を設定できます。また、ルールを使用して、セカンダリレコードの購読から購読履歴を新しく作成したり、セカンダリレコードからプライマリレコードへ購読リストを移動させることもできます。

  4. 詳細設定パラメーター重複​を選択し、セカンダリレコードの処理順序を指定します。

定義したルールに該当する場合、セカンダリレコードのデータはメインレコードに関連付けられます。選択した更新のタイプに従って、セカンダリレコードは削除されることもあります。

例:エンリッチメント後のデータ更新

要約リスト作成の詳細を説明するユースケースの手順 2:「購入品」テーブルへのエンリッチメントされたデータの書き込みの節では、エンリッチメントアクティビティ後のデータ更新の例を示しています。

入力パラメーター

  • tableName
  • schema

各インバウンドイベントは、これらのパラメーターによって定義されるターゲットを指定する必要があります。

このページ