データ抽出(ファイル)

データ抽出 (ファイル)」アクティビティを使用して、ワークフローテーブルから外部ファイルにデータを抽出できます。

注意

このアクティビティには、抽出されるデータを含めるインバウンドトランジションが必ず必要です。

データ抽出を設定するには、次の手順に従います。

  1. 出力ファイルの名前を指定します。この名前には、フィールドの右側にあるパーソナライゼーションボタン経由で挿入される変数を含めることができます。

  2. ファイルフォーマットを編集…」をクリックして、抽出するデータを選択します。

    グループを処理(GROUP BY + HAVING)」オプションでは、集計の最終結果をフィルターする手順が追加されます。例えば、所定の注文タイプについて、10 回以上注文した顧客などをフィルターできます。

  3. 必要に応じて、結果ファイルの出力用に、「計算結果」や「処理結果」などの新しい列を追加します。それには、「追加」ボタンをクリックします。。

    追加した行で、「式を編集」アイコンをクリックして新しい列のコンテンツを定義します。

    次に、選択ウィンドウにアクセスします。「詳細選択」をクリックし、データに適用するプロセスを選択します。

    リストから目的の式を選択します。

データの抽出中に実行する後処理を定義して、ファイルを圧縮または暗号化できます。これをおこなうには、アクティビティの「 スクリプト」タブに目的のコマンドを追加する必要があります。

この点について詳しくは、「ファイルの圧縮または暗号化」の節を参照してください。

集計関数のリスト

使用可能な集計関数のリストは以下のとおりです。

  • カウント:集計フィールドの重複値など、集計するフィールドの null ではない値を計算します。

    ユニーク:集計するフィールドの異なる非 null 値の合計値を計算します(重複する値は計算の前に除外されます)。

  • 合計:数値フィールドの値の合計を計算します。

  • 最小値:フィールド(数値その他)の最小値を計算します。

  • 最大値:フィールド(数値その他)の最大値を計算します。

  • 平均:数値フィールドの値の平均を計算します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now