B2B 分析およびアクティベーションブループリント

最終更新日: 2023-08-24
  • 作成対象:
  • Developer
    User

B2B データドリブン型マーケティングでは、オーディエンスとプロファイルのアクティベーションが成功のカギです。ただし、多くのブランドでは、依然としてチャネルファーストのアクティベーションに注力し、多くの場合、リーチやパーソナライズ機能に一貫性がありません。

チャネルファーストのアプローチでは、各チャネルは他チャネルと連携せずに機能し、パーソナライズの取り組みは、そのチャネルのブランドとやり取りする顧客のみをターゲットにします。このアプローチは、顧客が多くの異なるタッチポイントをまたいでブランドとやり取りしているという現実を反映していません。B2B Audience および Profile のアクティベーションを使用すると、ブランドは複数のチャネルをまたいで顧客とのやり取りを結び付け、それぞれのアカウントとオポチュニティに基づく情報に合わせて、すべてのチャネルに対して有効化できる一元化されたプロファイルとオーディエンスを提供できます。

ブループリント 説明 Experience Cloud アプリケーション
B2B Analytics
  • B2B アカウント情報をカスタマージャーニー分析に含めます
  • Adobe Customer Journey Analytics
B2B Audience アクティベーション
  • Web、メールおよび広告チャネルにわたって B2B Audience をターゲット設定します
  • Adobe Real-time Customer Data Platform B2B エディション
Marketo Engage と Workfront 統合ブループリント:概要
  • B2B マーケティングキャンペーンの計画、開発および実行を最適化します
  • Adobe Marketo Engage
  • Adobe Workfront + Workfront Fusion
Marketo Engage と Workfront 統合ブループリント:取り込みと作成
  • B2B マーケティングキャンペーンリクエストのキャンペーン開発実行への取り込みを自動化します
  • Adobe Marketo Engage
  • Adobe Workfront + Workfront Fusion

このページ