Audience Manager の訪問者認証ステータス

Audience Manager の訪問者認証ステータスによって、新しい特性情報が訪問者の認証済みプロファイルに書き込まれるか、デバイスプロファイルに書き込まれるかが決まります。Audience Manager は、イベント呼び出しの訪問者 ID 認証ステータス UNKNOWN および LOGGED_OUT を同じ方法で処理します。

Experience Cloud ID サービス v1.5 以降の setCustomerID メソッドには、オプションの AuthState オブジェクトが含まれています。AuthState は、訪問者の認証ステータスに従って訪問者を識別します。Audience Manager での適合する特性の処理は、呼び出し、およびセグメント化に使用するプロファイル結合ルールに渡される認証ステータスによって異なります。

認証ステータス:UNKNOWN

リクエスト値

認証済みプロファイルから情報を読み取る

認証済みプロファイルに新しい特性を書き込む

0

○(「Authenticated Option Merge Rule」が「Last Authenticated Profiles」の場合)

×(特性データはデバイスプロファイルに追加される)

×(「Authenticated Option Merge Rule」が「Current Authenticated Profiles」または「No Authenticated Profile」の場合)

サンプルの呼び出し(認証ステータスに対応するリクエスト値はハイライト表示):

https://sample_customer.demdex.net/event?d_cid=123%01sample_id%010&d_sid=123456

認証ステータス:AUTHENTICATED

リクエスト値

認証済みプロファイルから情報を読み取る

認証済みプロファイルに新しい特性を書き込む

1

○(「Authenticated Option Merge Rule」が「Current Authenticated Profiles」または「Last Authenticated Profiles」の場合)

○(特性データは認証済みプロファイルに追加される)

×(「Authenticated Option Merge Rule」が「No Authenticated Profile」の場合)

サンプルの呼び出し(認証ステータスに対応するリクエスト値はハイライト表示):

https://sample_customer.demdex.net/event?d_cid=123%01sample_id%011&d_sid=123456

認証ステータス:LOGGED_OUT

リクエスト値

認証済みプロファイルから情報を読み取る

認証済みプロファイルに新しい特性を書き込む

2

○(「Authenticated Option Merge Rule」が「Last Authenticated Profiles」の場合)

×(特性データはデバイスプロファイルに書き込まれる)

×(「Authenticated Option Merge Rule」が「Current Authenticated Profiles」または「No Authenticated Profile」の場合)

サンプルの呼び出し(認証ステータスに対応するリクエスト値はハイライト表示):

https://sample_customer.demdex.net/event?d_cid=123%01sample_id%012&d_sid=123456

メモ

Audience Manager は、CID と UUID 間の ID 同期を 3 つすべてのケースで実行します。

このページ