Amazon S3受信データファイルの名前およびファイルサイズに関する要件

Audience Manager にデータを送信する際に従う必要がある必須フィールド、構文、命名規則、ファイルサイズについて説明します。データを Audience Manager/Amazon S3ディレクトリに送信する際に、これらの仕様に応じて、ファイルの名前およびサイズを設定します。

メモ

テキストスタイル(monospaced text斜体、括弧 [ ] ( )、その他)コード要素およびオプションを表します。詳しくは、コードおよびテキスト要素のスタイル規則を参照してください。

ファイル名の構文

S3 ファイル名は、次の必須要素とオプション要素で構成されています。

  • S3プレフィックス: s3n://AWS_directory/partner_name/date=yyyy-mm-dd/

  • ファイル名要素:ftp_dpm_DPID[_DPID_TARGET_DATA_OWNER]_TIMESTAMP(.sync|.overwrite)[.SPLIT_NUMBER][.gz]

使用可能なその他のファイル名の形式については、カスタムパートナー統合を参照してください。

メモ

Audience Manager は、ASCII と UTF-8 でエンコードされたファイルのみを処理します。

名前の要素

次の表は、S3 ファイル名の要素の定義を示しています。

名前の要素 説明

AWS_directory

Amazon S3 バケットのパスと名前。S3 ディレクトリの名前、パス、資格情報については、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。

date=yyyy-mm-dd

ファイルを S3 バケットに送信した時点を示すタイムスタンプ(UTC 時間に基づく)。

DPID

データファイルに、独自のユーザー ID、Android ID、iOS ID またはグローバルデータソースに属する他の ID が含まれているかどうかを Audience Manager に伝える lD。次のオプションを使用できます。

  • データソース ID(別名データプロバイダー ID): これは、Audience Managerがデータソースに割り当てる一意の ID です(ID の Audience Manager インデックスを参照 )。ご自身のユーザー ID が含まれているデータを送信する場合に、この割り当て済みの ID をファイル名に入れます。例えば、...ftp_dpm_21_123456789.sync は、Audience Manager に対して、データソース 21 に属する ID データをオンボードするよう伝えます。
  • Android ID(GAID):データファイルに Android の ID が含まれている場合、ファイル名に ID 20914 を使用します。Android ID を使用する場合は、このフィールド _DPID_TARGET_DATA_OWNER を使用する必要があります。例えば、...ftp_dpm_20914_DPID_TARGET_DATA_OWNER_123456789.sync データファイルに Android ID のみが含まれ、その ID はデー _DPID_TARGET_DATA_OWNER タソースに属する特性に適合する必要があると Audience Manager に伝えます。
  • iOS ID(IDFA):データファイルに iOS の ID が含まれている場合、ファイル名に ID 20915 を使用します。iOS ID を使用する場合は、このフィールド _DPID_TARGET_DATA_OWNER を使用する必要があります。例えば、...ftp_dpm_20915_DPID_TARGET_DATA_OWNER_123456789.sync データファイルに iOS ID のみが含まれ、その ID はデー _DPID_TARGET_DATA_OWNER タソースに属する特性に適合する必要があると Audience Manager に伝えます。
  • 他のグローバルデータソースに属する ID:広告用の:広用の Roku ID(RIDA)、Microsoft Advertising ID(MAID)、およびその他の ID をオンボードできます。各データソースに対応する ID を使用します。詳しくは、グローバルデータソースに関する記事を参照してください。

注意:データファイル内で ID タイプが混在しないようにしてください。例えば、ファイル名に Android の ID が含まれている場合、データファイル内に iOS の ID やご自身の ID を入れないでください。

_DPID_TARGET_DATA_OWNER

このフィールドは、データのオンボーディング先となるデータソースを Audience Manager に示します。このフィールドは、DPID を Android ID または iOS ID、またはグローバルデータソースに属する他の ID に設定した場合は必須です。これにより、Audience Manager はファイルデータを組織にリンクすることができます。

例:

  • ...ftp_dpm_33_21_1234567890.syncデータソース 33 に属する顧客 ID をデータソース 21 に属する特性またはシグナルに認定していることを Audience Manager に通知します。
  • Android ID(GAID):...ftp_dpm_20914_21_1234567890.sync データファイルに Android ID のみが含まれ、その ID はデータソース 21 に属する特性に適合する必要があると Audience Manager に伝えます。
  • iOS ID(IDFA):...ftp_dpm_20915_21_1234567890.sync データファイルに iOS ID のみが含まれ、その ID はデータソース 21 に属する特性に適合する必要があると Audience Manager に伝えます。
  • 他のグローバルデータソースに属する ID...ftp_dpm_121963_21_1234567890.sync データファイルに Roku ID のみが含まれ、その ID はデータソース 21 に属する特性に適合する必要があると Audience Manager に伝えます。各データソースに対応する ID を使用します。詳しくは、グローバルデータソースに関する記事を参照してください。

partner_name

Audience Manager で使用する会社または組織の名前。

TIMESTAMP

10 桁の UTC UNIX タイムスタンプ(秒単位)。タイムスタンプは、各ファイル名を一意にするのに役立ちます。

(.sync|.overwrite)

同期オプション。以下のものがあります。

  • sync:通常のシナリオ。サードパーティデータプロバイダーが、Audience Manager システムで追加または削除するユーザー単位の特性を送信します。
  • overwrite:データプロバイダーはユーザー単位の特性のリストを送信できます。これにより、Audience Manager で特定のデータプロバイダーについて当該ユーザーの既存のサードパーティ特性がすべて上書きされます。すべてのユーザーを上書きファイルに入れる必要はありません。変更するユーザーのみを入れるようにしてください。

[SPLIT_NUMBER]

整数。大きなファイルを複数に分割して処理時間を短縮する場合に使用します。数は、送信している元のファイルのどの部分かを示します。

ファイル処理を効率的に実行するために、データファイルを次のように分割します。

  • 圧縮なし:1 GB
  • 圧縮済み:200~300 MB

以下の 2 つのファイル名の例を参照してください。

[.gz]

ファイルを Amazon S3 に送信する場合、gzip 圧縮のみを使用します。これらのファイルを圧縮すると、拡張子は .gz になります。.zip 圧縮は使用しないでください。

圧縮ファイルのサイズは 3 GB 以下である必要があります。ファイルがそれより大きい場合は、カスタマーケアにお問い合わせください。Audience Manager で大きなファイルを操作することは可能ですが、ファイルのサイズを小さくして、効率的にデータを転送できるようにすることもできます。詳しくは、受信データ転送ファイルのファイル圧縮を参照してください。

ファイル名の例

以下に、適切に書式設定されたファイル名の例を示します。ファイル名は、このようになります。

  • s3n://<AWS_Bucket>/<partner_name>/date=2016-05-09/ftp_dpm_478_1366545717.sync.1.gz
  • s3n://<AWS_Bucket>/<partner_name>/date=2016-05-09/ftp_dpm_478_1366545717.sync.2.gz
  • s3n://<AWS_Bucket>/<partner_name>/date=2016-05-09/ftp_dpm_478_1366545717.sync
  • s3n://<AWS_Bucket>/<partner_name>/date=2016-05-09/ftp_dpm_478_567_1366545717.sync.gz
  • s3n://<AWS_Bucket>/<partner_name>/date=2016-05-09/ftp_dpm_478_1366545717.overwrite

追加の例が必要であれば、サンプルをダウンロードすることもできます。このファイルは .overwrite ファイル拡張子で保存されます。これを普通のテキストエディターで開きます。

許容されるファイルサイズ

データを Audience Manager や Amazon S3 ディレクトリに送信する際の最速/最短のファイル処理やファイルサイズの制限については、以下の数字を考慮してください。

ファイルタイプ 最適なサイズ 最大サイズ
圧縮済み

200~300 MB

3 GB

圧縮なし

1 GB

5 GB

メモ

受信データの検証プロセスでは、空のファイルは無効としてマークされます。

線の長さ制限

受信データファイルの行の長さの上限は 102400 バイトです。 この制限を超える行は、転送から除外されます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now