Google サイト運営者タグ(GPT)を使用して Google Ad Manager にセグメントを送信する際の要件と方法

クライアント側またはサーバー側の統合を通じて、適格なセグメントを Google Ad Manager(旧称 DFP)に送信できます。この両方のメソッドに関する要件と関連情報を以下に示します。

クライアント側の統合

クライアント側の統合では、Audience Manager で GPT 宛先を設定する必要があります。GPTを Audience Manager 宛先として設定する場合、次の点を考慮してください。

  • を追加DIL:​ターゲットに設定するすべてのページに Data Integration Library (DIL) コードをデプロイします。DIL は Audience Manager のセグメントデータとユーザー ID を、GPT がターゲティングに使用する Cookie に書き込みます。

  • **の作成Cookie Destination:**GPT は Audience Manager で Cookie ベースの宛先として設定しなければなりません。

  • Cookie チェックコードの実装:GPT の .setTargeting API メソッドを、推奨される Cookie チェックコードでラップします。このコードにより、.setTargeting.メソッドを呼び出す前に有効な AAM Cookie が検索されるので、エラーが回避されます。

  • AamGpt 関数の追加:AamGpt コードは Audience Manager の Cookie からデータをキャプチャして、GPTに送信します。Google サイト運営者タグ用の Audience Manager コードAamGpt)をページの最上部または <head> コードブロック内に配置します。

    メモ

    独自のコードを使用して Audience Manager の Cookie データを読み取る場合、AamGpt 関数は必要ありません。

  • Send Delivery Logs to Audience Manager:​セグメントの配信レポート(オプション)が必要である場合、インプレッションレベルの配信データが含まれる日単位のログを Audience Manager に送信します。データは raw 形式でもかまいませんが、各レコードには Audience Manager UUID が含まれている必要があります。Audience Manager は FTP を介してこれらを受け取ることができます。

GPT に送信されるのは認定されたセグメントのみ

GPT に渡されるデータの量は、特定のユーザーが認定するセグメントの数によって異なります。例えば、100 件の Audience Manager セグメントを設定したとします。サイト訪問者がそのうち 5 件を認定した場合、その 5 件のセグメントだけが GPT に送信されます(100 件全部ではありません)。

メモ

送信できるキーと値の数に制限はありませんが、Google リクエスト URL で使用できる文字数には制限があります。GPT でのターゲットとサイズの設定を参照してください。

サーバー側の統合

GPT を使用して Google Ad Manager でサーバー側の統合を設定する場合は、Audience Manager コンサルタントまたはカスタマーケアにお問い合わせください。Google Ad Manager アカウントのネットワーク ID と Audience Link ID を提供する必要があります。

重要

Web ページが Accelerated Media Pages(AMP)ライブラリを実行している場合、Audience Manager でサーバー側の統合を使用する必要があります。AMP を使用していて、AMP によるクライアント側の統合がある場合、サーバー側の統合に移行する必要があります。移行については、Audience Manager コンサルタントまたはカスタマーケアにお問い合わせください。

このページ