URL Destinationの設定

URL destinationは、ページからdestinationへのピクセル呼び出しをおこないます。Destination Builder で URL destination を作成するには、次の指示に従います。

新しい URL のdestinationを作成するには、Audience Data > Destinations > Create New Destination を開き、セクションに以下のように入力します。

基本情報

このセクションにはURL destinationの作成プロセスを開始するフィールドとオプションが含まれています。このセクションを完了するには:

  1. Basic Information」をクリックして、コントロールを表示します。
  2. destination に名前を付けます。略語や特殊文字は使用しないでください。
  3. *(オプション)*destination の説明を入力します。簡潔な説明は、destinationに関するより多くの情報を定義または提供するのに効果的です。
  4. Category」リストで、「Custom」を選択します。
  5. Environment​リストで、URL destinationをトリガーする環境を選択します。
  6. Type」リストで、「URL」をクリックします。
  7. *(オプション)*Auto-fill Destination Mapping を選択します。オプションは次のとおりです。
    • Segment ID:セグメント ID を自動的に追加してdestinationに送信します。
    • Integration Code Value:セグメント統合コードを自動的に追加して宛先マッピングに送信します。統合コードは、顧客が作成して使用する一意の識別子です。最大 255 文字に制限されています。
  8. Next」をクリックしてConfiguration設定に移動するか、「Data Export Labels」をクリックして書き出しコントロールをdestinationに適用します。

Data Export Labels

このセクションには、データ書き出しコントロールを URL の宛先に適用するオプションが含まれています。データ書き出しコントロールを使用しない場合は、この手順を省略してください。このセクションを完了するには:

  1. Data Export Labels」をクリックして、コントロールを表示します。
  2. 宛先に適用するデータ書き出しコントロールに対応するラベルを選択します(詳しくは、「データ書き出しラベルを宛先に追加する」を参照してください)。
  3. Save」をクリックします。

設定

このセクションには、URL 文字列で渡すベース と URL 文字列で渡すデータ区切り文字を設定できるオプションが含まれています。このセクションはオプションです。このセクションを完了するには:

  1. Configuration」をクリックして、コントロールを表示します。
  2. *(オプション)*Serialize チェックボックスを選択します。これで、セグメントごとに別個に呼び出しをおこなうのではなく、セグメントを連続してdestinationに送信できます。シリアル化はデータ転送の効率化に役立ちます。このチェックボックスを選択すると、URL と区切り文字のフィールドが表示されます。詳しくは、標準型およびシリアル型のキーと値のペアを参照してください。
  3. Serialize を選択した場合は、下記の URL フィールドと区切り文字フィールドも設定する必要があります。
フィールド 説明
Base URL 標準 HTTP の URL のうち、変更されないベース部分。また、ベース URL に%ALIAS% プレースホルダーマクロを配置する必要があります。例:https://www.myCompany.com/%alias%...
Secure URL セキュア HTTPS の URL のうち、変更されないベース部分。また、ベース URL に%ALIAS% プレースホルダーマクロを配置する必要があります。例:https://www.myCompany.com/%alias%...
Delimiter URL 文字列のセグメント変数を区切るシンボル。これは通常、コンマかセミコロンです。これについては、宛先のパートナーに確認してください。

Segment Mappings

このセクションでは、セグメントを検索し、destinationに追加することができます。このセクションを完了するには:

  1. Segment Mappings」をクリックして、コントロールを表示します。
  2. Search and Add Segments​ボックスにセグメントの名前を入力するか、「Browse All Segments」をクリックして使用可能なセグメントのリストを参照します。
  3. 使用するセグメントが見つかったら、「Add Selected Segments」をクリックします。セグメントを追加すると、Edit Mapping ウィンドウが開きます。
  4. Edit Mapping:
    • Mappings:セグメントで使用されるキー値ペアを指定します。
    • Start Date および End Date:destinationの開始日と終了日を選択します。終了日が未指定の場合、destinationの有効期限は無期限になります。
  5. Done」をクリックします。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now