シグナルについて

シグナルは、Audience Manager における情報の最小単位です。シグナルは、オンラインプロパティにおけるユーザーインタラクションまたはユーザーアクティビティを表すものであり、Audience Manager に渡され特性ルールで使用されます。

Audience Manager では、シグナルはキー値ペアで表されます。例えば、以下のシグナルは、電子機器が掲載されている Web ページに訪問者がアクセスしたことを示します。

  • page = electronics

シグナルダッシュボードには、特性の新規作成に利用できる複数のシグナル属性が表示されます。以下に、利用可能なシグナルプロパティの詳細を示します。

  • Key-value pair には、Audience Manager が受信したシグナルのキー値ペアが示されます。
  • Signal type は各シグナルのカテゴリを示します。シグナルは、次のいずれかのカテゴリに分類されます。
    • アクション可能なログファイル:メディアパフォーマンスログファイルから受信したリアルタイムシグナル。
    • Adobe Analytics:ご使用の Adobe Analytics アカウントから受信したリアルタイムのシグナル。
    • 一般的なオンラインデータ:オーディエンスのアクティビティによって生成され、アクションにつながるログファイルおよび Adobe Analytics には該当しないリアルタイムデータ。
    • オンボードレコード:バッチデータ転送で受信したデータ。
  • Signal Source は、シグナルタイプによって異なります。
    • オンボードシグナルの場合、データソース名が表示されます。
    • Adobe Analytics から受信したシグナルの場合、データソースは常にレポートスイートになります。
    • アクションにつながるログファイルおよび一般的なオンラインデータの場合、この情報は表示されません。
  • Total Counts は、過去 7 日間における Audience Manager でのリアルタイムシグナルの総受信回数を示します。
  • Included in Traits には、シグナルが特性に含まれているかどうかが示されます。矢印をクリックすると、該当するシグナルを含む特性が表示されます。特性に含まれていないシグナルの場合、この列の値は、Create Onboarded Trait または Create Rule-Based Trait になります。

シグナルデータの更新頻度

1 日に Audience Manager で処理されるデータ量は多いので、Data Explorer による表示されるシグナルデータの更新は、シグナルタイプに応じた一定の間隔でおこなわれます。

  • リアルタイムシグナルデータ(アクションにつながるログファイル、Adobe Analytics データ、一般的なオンラインデータ)は、4~6 時間ごとに更新されます。
  • オンボードシグナルデータは、24 時間ごとに更新されます。

関連する概念

シグナル、特性、セグメント

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now