Data Explorer - 概要、メリット、ユースケース

Data Explorer を使用して、使用済みおよび未使用のシグナルに基づいて特性を作成し、シグナルに履歴データをバックフィルすることで目的のオーディエンスを逃す可能性を防ぎ、過去のオーディエンスを活かします。

概要

目的のオーディエンスの詳細が既知であれば、オーディエンスに関する既存のインサイトに基づいて容易に特性を作成できます。しかし、このような状況はあまりありません。

Data Explorer を活用すれば、分類のキュレーションの柔軟性を高めながら、特性の管理プロセスを簡略化することができます。Data Explorer には、この目的のために以下の 2 つのコンポーネントが用意されています。

  • シグナルダッシュボードおよびSignals Searchでは、Audience Manager で受信したシグナルを記録し、新規特性を作成したり、既存の特性に追加したりできます。

  • 特性適合のバックフィルでは、過去のオーディエンスを新規作成した特性の対象として認定し、将来のターゲットに含めることができます。

メリット

Data Explorer では、以下の複数の方法でオーディエンスの構築を最適化できます。

  • 高価値のオーディエンスに注力する:検索トレンドの変化およびページ上での閲覧行動を監視して、その行動に応じた特別な特性を作成します。「万一に備えた」特性を作成する必要がなくなり、重要なシグナルに注力できるようになります。
  • データの喪失を防ぐ:過去の適合を特性にバックフィルすることで、シグナルの受信前に特性を作成していなくても、オーディエンスのセグメントを逸することを防ぎます。
  • ワークフローを強化する:トレンドのシグナルを検出し、アクションにつながる特性にすばやく活かすことができます。

ユースケース

例 1

ある国際的な電子機器小売業者は、訪問者のトラフィックが大量にあり、複数のプラットフォームに合わせてコンテンツを最適化しているのに、コンバージョン率が予想を下回っていました。シグナルダッシュボードを活用することで、訪問者は現在在庫切れとなっている特定の電子機器メーカーを検索していたことを示す、大量の未使用シグナルを特定しました。このインサイトを活用し、在庫を一新して、パーソナライズしたキャンペーンによりこうした訪問者をターゲットに含めることができました。

例 2

ある旅行業者は、予約 Web サイトに新しい旅先を追加してから過去のオーディエンスに宣伝しようとしたのですが、こうしたオーディエンス向けに特性を作成していませんでした。シグナル検索を使用することで、この新しい旅先に関係する未使用シグナルを特定して、新しい特性にこれらのシグナルを含め、過去の適合をバックフィルすることができました。その後、新しい特性でセグメントを新規作成し、専用のキャンペーンによりこうしたオーディエンスを即座にターゲットに含めました。

Data Explorer を使用したオンボードデータの特性作成の検証

Audience Manager の最も強力な機能の 1 つは、オフラインデータをオンボーディングし、オンラインデータと結び付ける機能です。以下のビデオでは、Data Explorer を使用して、このオンボードデータを活用するために必要なすべての特性を作成したことを検証する方法について説明します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now