DIL モジュール

DIL.modules 名前空間のメソッドについて説明します。これらのモジュールを使用すると、データの収集や Audience Manager オブジェクトの操作をプログラムでおこなうことができます。

siteCatalyst.init

DIL と連携して、Analytics のタグ要素(変数、prop、eVar など)をAudience Manager に送信します。データをコンマ区切りリストで返します。バージョン 2.6 で使用できます。

関数シグネチャ:DIL.modules.siteCatalyst.init(siteCatalystReportingSuite, dilInstance, trackVars, options)

メモ

このコードは、ページ上で s.t(); 関数よりも​​に配置する必要があります。

パラメーター

名前 のタイプ 説明
names 文字列

非列挙型の Analytics 変数( pageName channel campaign product など)が格納されている、文字列の配列。

iteratedNames オブジェクト

prop や eVar のような列挙型の Analytics 変数( prop1 prop2 evar3 evar4 など)が格納されている、オブジェクトの配列。

maxIndex 整数

繰り返されている名前を何個返すかを表します。例えば、2 つの prop または evar を返すには、 maxIndex:2 を設定します。

siteCatalystReportingSuite オブジェクト

Analytics オブジェクトを表すオブジェクト。

dilInstance オブジェクト

DIL を表すオブジェクト。

options オブジェクト

追加のオプション。

  • replaceContextDataPeriodsWith

    他に何も指定しない場合、ピリオドはデフォルトのアンダースコア( _ )に置き換えられます。

    例えば、 s.contextData = {abc.def = '123'} は、イベント呼び出しクエリ文字列では c_contextData_abc_def=123 となります。

    このオプションは DIL バージョン 5.0 以降でのみ使用できます。

  • filterFromContextVariables

    例えば、 filterFromContextVariables: ['email', 'zip', 'accountNumber'] を実行すると、この文字列の配列がコンテキストデータのデータ収集から除外されます。このオプションでは、個人識別情報(PII)は対象外となります。

siteCatalyst.init によりキャプチャされるデータ

この関数は、次の Analytics プロパティの詳細を返します。

  • pageName
  • channel
  • campaign
  • products
  • events
  • eVar(1~250)
  • prop(1~75)
  • pe
  • pev1
  • pev2
  • pev3

サンプルコード

このコードにより、Analytics イベント(prop、eVar など)の値が存在する場合に、これらのイベントのコンマ区切りのリストが作成されます。

// Get the Site Catalyst object instance: 
var s = s_gi(s_account); 
  
// Instantiate DIL code: 
var scDil = DIL.create({ 
        partner: 'adobe', 
        containerNSID: 5 
}); 
 
// Use the module: 
DIL.modules.siteCatalyst.init(s, scDil, { 
        //Specify the Site Catalyst variables you want to capture: 
        names: ['pageName', 'channel', 'campaign'], 
        //Use this to create iterated variable names: 
        iteratedNames: [{ 
               name: 'eVar', 
               maxIndex: 75 
        }, { 
               name: 'prop', 
               maxIndex: 75 
        }] 
});

監視対象の Analytics データポイントを、前述の追加の関数を使用せずに追跡するには、次のように siteCatalyst.init を単独で呼び出します。

DIL.modules.siteCatalyst.init(s, scDil);

GA.submitUniversalAnalytics

GA.submitUniversalAnalytics(); 関数は、Google [!DNL Universal Analytics]のデータを Audience Manager に送信します。 この [!UICONTROL DIL] 関数は、analytics.js(Google Universal Analyticsの最新コードライブラリ)と連携するように設計されています。

重要
  • Audience Manager では、Google の analytics.js コードライブラリの状況把握や管理をおこないません。 Google が DIL の新バージョンをリリースした場合は、analytics.js データ収集がまだ機能するかどうかを確認してください。

  • 従来の Google アナリティクストラッキングコード(ga.jsdc.js など)をまだ利用している場合は、GA.submitUniversalAnalytics(); を使用できません。 代わりに GA.init を参照してください。

関数シグネチャ:DIL.modules.GA.submitUniversalAnalytics(gaObject, dilInstance, internalPropertyName);

プロパティ

GA.submitUniversalAnalytics(); 関数は次のプロパティを受け取ります。

プロパティ 説明

gaObject

Google Analytics のインスタンスを表すグローバル変数。 Google Analytics コードをカスタマイズしている場合を除き、これは通常デフォルトで ga になっています。

dilInstance

DIL のインスタンスを表す変数。

internalPropertyName

(オプション) analytics.js ライブラリでは、内部プロパティは短縮された変数 'b' です。この変数には Google Analyticsデータが格納されます。

Google が内部変数の名前を変更しない限り、設定する必要がないので、このプロパティはオプションになっています。例えば、短縮されたこの変数が 'a' に変わった場合は、 GA.submitUniversalAnalytics(); を次のように呼び出します。

DIL.modules.GAsubmitUniversalAnalytics(ga, DilInstance, 'a');

Google Analytics および ga を呼び出す前に、まず DILの GA.submitUniversalAnalytics(); オブジェクトを必ず定義してください。次のようなコードになります。

//Instantiate DIL 
var dilInstance = DIL.create({ 
     partner:"adobe" 
}); 
 
//Call the DIL Universal Analytics function 
DIL.modules.GA.submitUniversalAnalytics(ga, dilInstance);

GA.init

GA.init() 関数は、レガシー/廃止予定バージョンの Google Analyticsから Audience Manager にデータを送信します。

重要

GA.init() は、従来の Google アナリティクストラッキングコードである ga.js または dc.js とのみ使用できます。Google DILの最新のコードライブラリである analytics.js を使用している場合、この Universal Analytics 関数は呼び出せません。Audience Manager を利用している場合に DIL および Universal Analytics を使用するには、GA.submitUniversalAnalytics を参照してください。

関数シグネチャ:DIL.modules.GA.init(_gaq, dilInstance, trackVars);

パラメーター

名前 のタイプ 説明
_gaq 配列 GA コマンドが格納されている配列。
dilInstance オブジェクト DIL インスタンスが格納されているオブジェクト。
trackVars オブジェクト (オプション)names プロパティで構成されるオブジェクト。このプロパティは、追跡する GA コマンド名の配列です。

サポートされている GA 関数呼び出し

デフォルトでは、GA.init は次の関数からのデータをキャプチャします。

  • _setCustomVar
  • _addItem
  • _addTrans
  • _setAccount
  • _trackSocial

DIL は GA データのキーを作成する

Audience Manager はデータをキーと値のペアで受け取りますが、GA は項目を配列で処理します。GA のデータを操作するために、DIL は自動的にキーと値のペアを作成し、c_ <key name> のようなキーを生成します。また、GA 配列の項目は所定の順序で配置されます。そのため、すべてのパラメーターをその順序で指定する必要があります。パラメーターにデータがない場合でも同様です。DIL は次の GA メソッドのキーをマッピングします。

// Tracking Social Interactions 
_gaq.push(['_trackSocial', 
    'facebook',                        // c_socialNetwork 
    'like',                            // c_socialAction 
    'https://www.adobe.com/cool.php',   // c_socialTarget 
    '/cool.php'                        // c_socialPagePath 
]);  
 
// Tracking a Transaction 
_gaq.push(['_addTrans', 
   '1234',           // c_transOrderId 
   'Womens Apparel', // c_transAfflication 
   '28.28',          // c_transTotal 
   '1.29',           // c_tranTax 
   '15.00',          // c_transShipping 
   'San Jose',       // c_transCity 
   'California',     // c_transState 
   'USA'             // c_transCountry 
]); 
 
// Tracking an item 
_gaq.push(['_addItem', 
   '1234',           // c_itemOrderId=1234 
   'DD44',           // c_itemSku 
   'T-Shirt',        // c_itemName 
   'Olive Medium',   // c_itemCategory 
   '11.99',          // c_itemPrice 
   '1'               // c_itenQuantity 
]);

サンプルコード

// DIL JavaScript library needs to be loaded and executed here 
var dilInstance = DIL.create({ 
    partner : "adobe" 
}); 
 
// Assume ga.js has not loaded 
var _gaq = _gaq || []; 
_gaq.push( 
  ['_setAccount', 'UA-XXXXX-X'], 
  ['_setDomainName', 'example.com'], 
  ['_setCustomVar', 1, 'Section', 'Life & Style', 3], 
  ['_trackPageview'] 
); 
_gaq.push([ 
  '_addItem', 
  '1234',         // order ID - necessary to associate item with transaction 
  'DD44',         // SKU/code - required 
  'T-Shirt',      // product name - necessary to associate revenue with product 
  'Olive Medium', // category or variation 
  '11.99',        // unit price - required 
  '1'             // quantity - required 
]); 

監視対象のすべての GA 指標を、前述の追加の関数を使用せずに追跡するには、次のように GA.init を単独で呼び出します。

DIL.modules.GA.init(_gaq, dilInstance).submit();

サンプルのイベント呼び出し

Audience Manager の URL イベント呼び出しは次のようになります。

https://adobe.demdex.com/event?...c_accountId=UA-XXXXX-X&c_Section=Life%20%26%20Style &c_itemOrderId=1234&c_itemSku=DD44&c_itemName=T-Shirt&c_itemCategory=Olive%20Medium& c_itemPrice=11.99&c_itemQuantity=1

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now