グローバルデバイス ID の検証

デバイス広告識別子(iDFA、GAID、Roku IDなど)には、デジタル広告エコシステムで使用できるようにするために満たす必要のある書式設定標準があります。 現在、お客様やパートナーは、IDが適切にフォーマットされているかどうかを通知されることなく、IDを任意の形式でGlobal data sourcesにアップロードできます。 この機能では、適切な形式を設定するためにグローバルdata sourcesに送信されたデバイスIDの検証を導入し、IDが正しくフォーマットされていない場合にエラーメッセージを表示します。 起動時にiDFA、Google AdvertisingおよびRoku IDsの検証がサポートされます。

形式標準の概要

次に、AAMで現在認識およびサポートされているグローバルデバイス広告IDプールを示します。 これらは共有Data Sourcesとして実装され、これらのプラットフォームのユーザーに結び付けられたデータを扱う任意の顧客またはデータパートナーが使用できます。

プラットフォーム AAM Data Source ID ID形式 AAM PID メモ
Google Android(GAID) 20914 32桁の16進数。通常は8-4-4-4-12の例です。97987bca-ae59-4c7d-94ba-ee4f19ab8c21
1352 このIDは、生の/ハッシュ化されていない/変更されていない形式のリファレンスで収集する必要があります。 https://play.google.com/about/monetization-ads/ads/ad-id/
Apple iOS(IDFA) 20915 32桁の16進数。通常8-4-4-4-12 として表されます。例:6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC
3560 このIDは、生の/ハッシュ化されていない/変更されていない形式のリファレンスで収集する必要があります。 https://support.apple.com/en-us/HT205223
Roku(RIDA) 121963 32桁の16進数。通常は8-4-4-4-12 fcb2a29c-315a-5e6b-bcfd-d889ba19aadaと表示されます。 11536 このIDは、生の/ハッシュ化されていない/変更されていない形式のリファレンスで収集する必要があります。 https://sdkdocs.roku.com/display/sdkdoc/Roku+Advertising+Framework
Microsoft広告ID(MAID) 389146 英数字の文字列 14593 このIDは、生の/ハッシュ化されていない/変更されていないフォームのリファレンスで収集する必要があります。 https://docs.microsoft.com/en-us/uwp/api/windows.system.userprofile.advertisingmanager.advertisingid
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/apps/windows.system.userprofile.advertisingmanager.advertisingid.aspx
Samsung DUID 404660 英数字の例, 7XCBNROQJQPYW 15950 このIDは、生の/ハッシュ化されていない/変更されていない形式のリファレンスで収集する必要があります。 https://developer.samsung.com/tv/develop/api-references/samsung-product-api-references/productinfo-api

アプリでの広告識別子の設定

アプリでの広告主IDの設定は、実際には2つの手順で行います。まず広告主IDを取得し、次にExperience Cloudに送信します。 これらの手順を実行するためのリンクを以下に示します。

  1. IDの取得
    1. Apple に関する情報 advertising ID は、こちらを参 照してください
    2. Android開発者向けのadvertiser IDの設定に関する情報は、ここにあります。
  2. SDKのsetAdvertisingIdentifierメソッドを使用して、Experience Cloudに送信します。
    1. setAdvertisingIdentifierの使用に関する情報は、iOSとAndroidの両方に関するドキュメントに記載されています。

// iOS (Swift) example for using setAdvertisingIdentifier:
ACPCore.setAdvertisingIdentifier([AdvertisingId]) // ...where [AdvertisingId] is replaced by the actual advertising ID

DCSエラーメッセージでの誤ったIDの表示

誤ったグローバルデバイスID(IDFA、GAIDなど)がAudience Managerに対してリアルタイムに送信されると、ヒット時にエラーコードが返されます。 IDがApple IDFAとして送信され、大文字のみを含み、IDに小文字の「x」が含まれているので、返されるエラーの例を次に示します。

エラー画像

エラーコードのリストについては、ドキュメントを参照してください。

グローバルデバイスIDのオンボーディング

グローバルデバイスIDのリアルタイム送信に加えて、IDに対して「onboard」(アップロード)データを送信することもできます。 このプロセスは、顧客IDに対してデータをオンボーディングする場合と同じですが(通常はキー/値のペアを使用して)、適切なデータソースIDを使用するだけで、データがグローバルデバイスIDに割り当てられます。 オンボーディングプロセスに関するドキュメントは、ドキュメントを参照してください。 使用しているプラットフォームに応じて、グローバルdata source IDを使用することを忘れないでください。

オンボーディングプロセスを通じて誤ったグローバルデバイスIDが送信された場合、エラーはOnboarding Status Reportに表示されます。

次に、そのレポートで発生するエラーの例を示します。

エラー画像

このページ