拡張機能の概要

形式の変換や画像のサイズ変更など、多くのレンディション要件は、Adobe Experience Manager as a Cloud Service の処理プロファイルで対処します。より複雑なビジネス要件の場合は、組織のニーズに合ったカスタムメイドのソリューションが必要になる場合があります。Asset Compute Service は、Adobe Experience Manager の処理プロファイルから呼び出されるカスタムアプリケーションを作成することで拡張することができます。これらのカスタムアプリケーションは、サポート対象ユースケース に対応しています。

メモ

Asset Compute Service は、Adobe Experience Manager as a Cloud Service でのみ使用できます。

カスタムアプリケーションは、Project Firefly のヘッドレスアプリです。Asset Compute SDK と Project Firefly 開発者ツールを使用すると、Asset Compute Service をカスタムアプリケーションで簡単に拡張できるようになります。これにより、開発者はビジネスロジックに専念できます。カスタムアプリケーションの作成は、サーバーレスのプレーン Adobe I/O Runtime アクションを作成するのと同程度の簡単な作業です。カスタムアプリケーションは 1 つの Node.js JavaScript 関数です。詳しくは、基本的なカスタムアプリケーションの例を参照してください。

前提条件とプロビジョニング要件

次の前提条件を満たしている必要があります。

  • Project Firefly ツールがコンピューターにインストールされている。
  • Experience Cloud 組織である。詳しくは、こちらを参照してください。
  • Experience 組織では、Adobe Experience Manager as a Cloud Service が有効になっている。
  • Adobe Experience Cloud 組織は、Project Firefly 開発者プレビュープログラムに含まれている。アクセス申請方法につてはこちらを参照してください。
  • 開発者の組織に開発者ロールまたは管理者権限がある。
  • Adobe I/O CLI がローカルにインストールされている。

このページ