Audience Analytics の概要

最終更新日: 2024-02-05
  • 作成対象:
  • User
    Admin

Adobe Audience Manager(Adobe Audience Manager) は、ファーストパーティ、セカンドパーティ/パートナー、サードパーティのデータ統合から一意のオーディエンスプロファイルを構築できる強力なデータ管理プラットフォームです。 広告主の場合、これらのオーディエンスプロファイルを利用すれば、デジタルチャネル全体で最も効果的なセグメントを定義できます。

Audience Analyticsを統合したら、人口統計情報(例:性別や所得水準)、サイコグラフィック情報(例:興味や趣味)、CRM データ、広告インプレッションデータなどのAdobe Audience Managerのオーディエンスデータを任意の Analytics ワークフローに組み込むことができます。

主なメリット

Audience Analytics 統合には次の主要なメリットがあります。

  • 市場で初めて製品化されたデータ管理プラットフォーム(DMP)と分析エンジンの統合製品です。
  • セグメントは、Adobe Audience Managerから Analytics にリアルタイムで共有され、オーディエンスの検出、セグメント化および最適化の情報を提供します。
  • すべてのAdobe Audience Managerセグメントは、デフォルトで共有され、Analytics で顧客プロファイルを完全に充実させます。
  • ソリューション管理者は、ユーザーインターフェイスから統合を有効にすることができ、コードの変更は最小限で済みます。
  • Audience Manager のデータエクスポートコントロールに準拠するセグメントのみが共有されます。

Audience Analyticsの仕組み

  1. デジタルプロパティに訪問者が訪問するたびに、ヒットが収集されて Analytics に送信されます。
  2. を使用 サーバー側転送に設定されている場合、Analytics が受け取った各ヒットは、リアルタイムで自動的にAdobe Audience Managerに送信されます。
  3. Audience Analytics統合を通じて、各ヒットについて訪問者のオーディエンスメンバーシップがAdobe Audience Managerで検索され、リアルタイムで処理するためにセグメント ID のリストが Analytics に返されます。

Adobe Audience Managerのセグメントは同じヒット単位で挿入されるので、Adobe Audience Managerで使用可能な訪問者に関するデータがどれであれ、訪問者がミスされず、そのヒットに関して最新の状態に保つことができます。 AppMeasurement プラグインでは、これらのセグメントを次のヒットでのみ使用できます(現在のヒットでは使用できません)。Analytics データ収集は、この点で AppMeasurement プラグインより優れています。

また、Adobe Audience Managerセグメント ID はわかりやすい名前に自動的に分類されるので、Analytics レポートで英数字の ID を参照する必要はありません。

前提条件

次の前提条件を満たしていることを確認します。

  • Audience Manager と Adobe Analytics の両方のユーザーである。
  • Audience Manager 管理者である。
  • ID サービス v1.5 以降を使用している。
  • Adobe Audience ManagerとAdobe Analyticsのレポートスイートが、同じExperience Cloud組織にマッピングされている。
  • サーバー側転送を使用していて、Audience Management モジュール(DIL コードなし) - AppMeasurement 1.5 以降を実装している。

これらの前提条件は、Audience Analytics ワークフローに記載されています。

このページ