イベント ID のシリアル化

イベントのシリアル化とは、Analytics レポートに重複したイベントが追加されないようにすることです。訪問者がページを更新して指標を水増ししたくない場合、イベントの重複を排除することが重要です。

メモ

データソースはイベントのシリアル化または重複排除をサポートしていません。

イベントシリアル化の設定

まず、レポートスイートの設定で、イベントの個別イベントの記録をイベント ID を使用に設定する必要があります。詳しくは、『管理者ユーザーガイド』の成功イベントを参照してください。

イベント ID を使用する場合、重複除外は次のレベルで発生します。

  • 各変数は、重複除外用に独自の表を使用します。例えば、event1:ABCevent2:ABC は両方ともレポートでカウントされます。
  • 重複除外は、すべての訪問者に対してグローバルに実行されます。訪問者 A が event1:ABC を送信し、訪問者 B も event1:ABC を送信した場合、2 番目の訪問者 B のインスタンスは無視されます。
  • 重複除外には期限がありません。訪問者が event1:ABC を送信して、2 年後に再度訪問し、再度 event1:ABC を送信した場合、2 番目のインスタンスは無視されます。
ヒント

purchase イベントの重複を排除する場合は、代わりに purchaseID 変数を使用します。

Adobe Experience Platformのタグを使用したイベントIDの使用

イベント ID フィールドは、Analytics 拡張機能の設定時(グローバル変数)またはルールで設定できます。

  1. Adobe IDの資格情報を使用して、データ収集UIにログインします。
  2. 目的のプロパティをクリックします。
  3. 「ルール」タブに移動し、目的のルールをクリックします(またはルールを作成します)。
  4. 「アクション」で、既存の「Adobe Analytics - 変数を設定」アクションをクリックするか、「+」アイコンをクリックします。
  5. 「拡張機能」ドロップダウンを「Adobe Analytics」に設定し、「アクションタイプ」を「変数を設定」に設定します。
  6. イベントセクションを探します。各イベントには「Event ID」フィールドが含まれます。

有効な値は、20 バイトまでの英数字です。20 バイトを超える値を入力すると、最初の 20 バイトに切り捨てられます。

AppMeasurement と カスタムコードエディターでのイベント ID の使用

イベントシリアル化は s.events 変数の一部です。文字列内にコロンを使用して、各イベントに ID を割り当てます。

// Assign custom ID serialization to a single value
s.events = "event1:ABC123";

// Assign custom ID serialization to multiple values
s.events = "event1:ABC123,event2:ABC123";

イベントでシリアル化が有効になっていて、シリアル化 ID が含まれていない場合、イベントは常にカウントされます。

このページ