sa

sa() メソッドを使用すると、ページ上のレポートスイートをいつでも動的に変更できます。ページをリロードせずに別のレポートスイートにデータを送信する場合は、このメソッドを使用できます。

Web SDK を使用したレポートスイートの処理

Web SDK は、特定のデータストリームにデータを送信することで動作し、特定のデータストリームは、目的の Analytics レポートスイートにデータを転送します。 単一のデータストリームは、データを複数のレポートスイートに転送できます。 この節の内容は、Web SDK 拡張機能と、Web SDK の手動実装の両方に当てはまります。

  1. にログインします。 Adobe Experience Platform Data Collection Adobe ID 資格情報を使用して、
  2. クリック データストリーム 左側に
  3. 目的のデータストリームをクリックするか、 新規データストリーム.
  4. クリック サービスを追加​を選択し、「 Adobe Analytics.
  5. 目的のレポートスイート ID を入力します。 同じデータを複数のレポートスイートに送信する場合は、 レポートスイートの追加.
  6. 目的のレポートスイートをすべて入力したら、 保存.

Web SDK 拡張機能を使用した目的の Datastream の設定

Web SDK 拡張機能には、各環境用の Datastream ドロップダウンが用意されています。 または、データストリーム ID を手動で入力することもできます。

  1. にログインします。 Adobe Experience Platform Data Collection Adobe ID 資格情報を使用して、
  2. 目的のタグプロパティをクリックします。
  3. 次に移動: 拡張機能 「 」タブで、 設定 下のボタン Adobe Experience Platform Web SDK.
  4. の下 データストリーム」で、各環境のドロップダウンから目的の Datastream を選択します。
  5. 保存」をクリックします。

Web SDK を手動で実装する目的の Datastream の設定

edgeConfigId 設定変数から Datastream ID への変換。 Adobe Experience Platformデータ収集でデータストリームを表示すると、右側にデータストリーム ID が表示されます。

alloy("configure", {
  "edgeConfigId": "example-a01f-4458-8cec-ef61de241c93",
});

詳しくは、 Web SDK の設定 ( Web SDK ドキュメント)を参照してください。

Adobe Analytics拡張機能を使用したレポートスイートの変更

インターフェイス内のレポートスイートを柔軟に変更する方法はありません。Adobe Analytics 拡張機能を設定する際に、「ライブラリ管理」アコーディオンの下でレポートスイートを設定できます。ただし、ルールを使用してレポートスイートを変更または更新することはできません。設定後にレポートスイートの値を更新する場合は、AppMeasurement 構文に従ってカスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement および Analytics 拡張機能のカスタムコードエディターの s.sa()

s.sa() メソッドを呼び出して、送信先のレポートスイートを変更します。唯一の引数は、レポートスイート ID を含む文字列、またはコンマで区切られた複数のレポートスイート ID です。レポートスイート ID 引数は必須です。文字列引数にスペースを使用しないでください。

s.sa("examplersid");

例えば、ユーザーがサイト上で特定のアクションを実行した場合にレポートスイートを変更できます。

// Instantiate the tracking object
var s = s_gi("examplersid");

// If the visitor plays a video, you can add a video report suite
s.sa("examplersid,videorsid");

// Then send an image request
s.t();

このページ