registerPreTrackCallback

registerPreTrackCallback 変数を使用すると、イメージリクエスト URL がコンパイルされたがまだ送信されていないときに実行する JavaScript 関数をフックできます。この変数を使用して、AppMeasurement によって収集されたデータをパートナーまたは社内インフラストラクチャに送信できます。

重要

t()tl() などのトラッキングコールは registerPostTrackCallback 変数内で呼び出さないでください。この変数で関数をトラッキングすると、イメージリクエストが無限ループになります。

registerPreTrackCallback 変数を呼び出すたびに、その関数をフックして、イメージリクエスト URL がコンパイルされるたびに実行します。同じページの読み込みで同じ関数を複数回登録しないでください。

メモ

registerPreTrackCallbackregisterPostTrackCallback の間に呼び出される関数のタイミングと順序は保証されません。この 2 つの関数間の依存関係を避けます。

Adobe Experience Platform Launch でのトラック前コールバックの登録

Launch にはこの変数を使用するための専用のフィールドはありません。AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement および Launch カスタムコードエディターの s.registerPreTrackCallback

s.registerPreTrackCallback は、関数を唯一の引数として受け取る関数です。ネストされた関数は、イメージリクエストの送信直前に実行されます。

s.registerPreTrackCallback(function(){/* Desired code */});

コードでイメージリクエスト URL を使用する場合は、ネストされた関数内で requestUrl 文字列引数を参照します。requestUrl 変数は、目的の用途に合わせて解析できます。この変数を調整しても、データ収集には影響しません。

s.registerPreTrackCallback(function(requestUrl){
  console.log(requestUrl); // Outputs the full image request URL
});

s.registerPreTrackCallback 関数には、ネストされた関数で使用できる、追加の引数を含めることができます。

s.registerPreTrackCallback(function(requestUrl,a,b,c) {
    console.log(requestUrl); // Full image request URL
    console.log(a); // param1
    console.log(b); // param2
    console.log(c); // param3
}, "param1", "param2", "param3");
メモ

ページ変数の設定やこの関数内の requestUrl 文字列の変更は、この関数呼び出しの直後に送信されるイメージリクエストには影響​しません。代わりに、doPlugins() 変数を使用します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now