registerPreTrackCallback

最終更新日: 2024-01-26
  • トピック:
  • Variables
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    Developer

registerPreTrackCallback 変数を使用すると、イメージリクエスト URL がコンパイルされたがまだ送信されていないときに実行する JavaScript 関数をフックできます。この変数を使用して、AppMeasurement によって収集されたデータをパートナーまたは社内インフラストラクチャに送信できます。

警告

次のようなトラッキングコールを実行しない t() または tl() 内側 registerPreTrackCallback 変数を使用します。 この変数でトラッキングコールを設定すると、イメージリクエストが無限ループに陥ります。

registerPreTrackCallback 変数を呼び出すたびに、その関数をフックして、イメージリクエスト URL がコンパイルされるたびに実行します。同じページの読み込みで同じ関数を複数回登録しないでください。

メモ

registerPreTrackCallbackregisterPostTrackCallback の間に呼び出される関数のタイミングと順序は保証されません。この 2 つの関数間の依存関係を避けます。

Web SDK 拡張機能を使用したトラック前のコールバック

Web SDK は、データがコンパイルされた後、かつデータがAdobeに送信される前に、関数をフックすることはできません。 ただし、 onBeforeEventSend :データが送信される直前に実行する関数を登録します。

  1. にログインします。 Adobe Experience Platform Data Collection Adobe ID 資格情報を使用する UI。
  2. 目的のタグプロパティをクリックします。
  3. 次に移動: 拡張機能 「 」タブで、 設定 下のボタン Adobe Experience Platform Web SDK.
  4. の下 データ収集をクリックし、 イベント送信コールバックコードの前に編集 」ボタンをクリックします。
  5. エディターに目的のコードを配置します。

Web SDK の手動実装によるトラック前のコールバック

Web SDK は、データがコンパイルされた後、かつデータがAdobeに送信される前に、関数をフックすることはできません。 ただし、 onBeforeEventSend を登録して、 doPlugins. 詳しくは、 イベントのグローバルな変更 ( Web SDK ドキュメント)を参照してください。

// Set the trackingCode XDM field to "New value"
alloy("configure", {
  "onBeforeEventSend": function(content) {
    content.xdm.marketing.trackingCode = "New value";
  }
})

Adobe Analytics拡張機能を使用したトラック前のコールバック

Adobe Analytics 拡張機能には、この変数を使用する専用のフィールドはありません。AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurementと Analytics 拡張機能のカスタムコードエディターの s.registerPreTrackCallback

s.registerPreTrackCallback は、関数を唯一の引数として受け取る関数です。ネストされた関数は、イメージリクエストの送信直前に実行されます。

s.registerPreTrackCallback(function(){/* Desired code */});

コードでイメージリクエスト URL を使用する場合は、ネストされた関数内で requestUrl 文字列引数を参照します。requestUrl 変数は、目的の用途に合わせて解析できます。この変数を調整しても、データ収集には影響しません。

s.registerPreTrackCallback(function(requestUrl){
  console.log(requestUrl); // Outputs the full image request URL
});

s.registerPreTrackCallback 関数には、ネストされた関数で使用できる、追加の引数を含めることができます。

s.registerPreTrackCallback(function(requestUrl,a,b,c) {
    console.log(requestUrl); // Full image request URL
    console.log(a); // param1
    console.log(b); // param2
    console.log(c); // param3
}, "param1", "param2", "param3");
メモ

ページ変数の設定やこの関数内の requestUrl 文字列の変更は、この関数呼び出しの直後に送信されるイメージリクエストには影響​しません。代わりに、doPlugins() 変数を使用します。

このページ