useBeacon

最新のブラウザーのほとんどに navigator.sendBeacon() ネイティブメソッドが含まれています。HTTP 経由で Web サーバーに少量のデータを非同期に送信します。useBeacon 変数が有効な場合、AppMeasurement は navigator.sendBeacon() メソッドを使用できます。これは、ページがアンロードされる前に情報を送信する離脱リンクなどの状況で役立ちます。

useBeacon が有効である場合、アドビに送信される次のヒットでは、標準の GET イメージリクエストの代わりに、ブラウザーの navigator.sendBeacon() メソッドが使用されます。この変数は、s.t()s.tl() の両方のイメージリクエストに適用されます。AppMeasurement 2.17.0 以降が必要です。

ヒント

AppMeasurement は、離脱リンクイメージリクエストで useBeacon を自動的に有効にします。

訪問者が useBeacon をサポートしていないブラウザーを使用している場合、navigator.sendBeacon() 変数は無視されます。この変数を使用するには、AppMeasurement 2.16.0 以降が必要です。

Web SDK 拡張機能を使用した sendBeacon API の使用

この ドキュメントはアンロードされます 「アクション設定」内のチェックボックスは、Adobeに送信するデータが sendBeacon API を使用するかどうかを指定します。

  1. にログインします。 Adobe Experience Platform Data Collection Adobe ID 資格情報を使用して、
  2. 目的のタグプロパティをクリックします。
  3. 次に移動: ルール 」タブをクリックし、目的のルールをクリックします。
  4. の下 アクション、目的のアクションをクリックするか、 '+' アイコンをクリックして新しいアクションを追加します。
  5. 「拡張機能」ドロップダウンを「 Adobe Experience Platform Web SDK そして アクションタイプ から イベントを送信
  6. チェックボックスをクリックします。 ドキュメントはアンロードされます 右側に

このボックスをオンにすると、データが sendBeacon API を使用してAdobeに送信されます。 デフォルトでは選択解除されています。

Web SDK を手動で実装する sendBeacon API の使用

設定 documentUnloading から true イベントを送信する際に使用します。 設定しない場合、デフォルト値はです。 false.

alloy("sendEvent", {
  "documentUnloading": true,
  "xdm": {}
});

詳しくは、 sendBeacon API の使用 ( Web SDK ドキュメント)を参照してください。

Adobe Analytics拡張機能を使用したビーコンの使用

Adobe Analytics拡張機能には、この変数を使用する専用のフィールドはありません。 AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement の s.useBeacon と Analytics 拡張機能のカスタムコードエディター

s.useBeacon 変数は、AppMeasurement がブラウザーの navigator.sendBeacon() メソッドを使用するかどうかを決定するブール値です。デフォルト値は false です。navigator.sendBeacon() の非同期性を使用する場合は、トラッキング関数を呼び出す前にこの変数を true に設定します。

s.useBeacon = true;
メモ

トラッキングコールの実行後、この変数は false にリセットされます。実装が同じページ読み込みで複数のイメージリクエストを送信する場合(単一ページのアプリケーションなど)、各トラッキングコールの前にこの変数を true に設定します。

このページ