abort

abort 変数は、次回のトラッキングコールがアドビに送信されるのを防ぐことができるブール値です。Web SDK にも同様の機能があり、 false XDM イベントの送信前に設定されます。

Web SDK 拡張機能を使用したイベントの送信のキャンセル

以下を使用: イベント送信前のコールバック コードエディターと戻る false.

  1. にログインします。 Adobe Experience Platform Data Collection Adobe ID 資格情報を使用して、
  2. 目的のタグプロパティをクリックします。
  3. 次に移動: 拡張機能 「 」タブで、 設定 下のボタン Adobe Experience Platform Web SDK.
  4. の下 データ収集、 イベント送信コールバックコードの前に編集 」ボタンをクリックします。
  5. コードエディターで、Edge へのデータ送信を中止する場合は、次のコードを配置します。
return false;

Web SDK を手動で実装するイベントの送信のキャンセル

以下を使用: onBeforeEventSend コールバックと return false. 詳しくは、 イベントのグローバルな変更 ( Web SDK ドキュメント)を参照してください。

alloy("configure"), {
    "onBeforeEventSend": function(content) {
        return false;
    }
}

Adobe Analytics拡張機能での abort 変数の使用

Adobe Analytics拡張機能には、この変数を使用する専用のフィールドはありません。 AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement および Analytics 拡張機能のカスタムコードエディターの s.abort

s.abort 変数はブール値です。デフォルト値は false です。

  • true に設定した場合、次のトラッキングコール(t() または tl())はデータをアドビに送信しません。
  • false に設定した場合、または定義しなかった場合、この変数は何もしません。
s.abort = true;
メモ

abort 変数は、トラッキングコールのたびに false にリセットされます。同じページで後続のトラッキングコールを中止する必要がある場合は、abort を再度 true に設定します。

例えば、 abort 変数は doPlugins() 関数内で使用されます。これは、イメージリクエストがAdobeに送信される前に実行される最後の関数です。 この例の動作は onBeforeEventSend Web SDK を使用したコールバック。

s.doPlugins = function(s) {
    s.campaign = s.Util.getQueryParam("cid");
    if ((!s.campaign) && (!s.events)) {
        s.abort = true;
    }
};

追跡したくないアクティビティ(ディスプレイ広告内の一部のカスタムリンクや外部リンクなど)の識別に使用するロジックを一元管理することができます。

このページ