完全なレビュー(年 2 回実装状況を確認する場合)

6 か月ごとに実装をレビューする必要があるのはなぜですか。 お客様のビジネスニーズに合わせて実装をおこなう必要があるからです。 また、まだ問題が小さく、関係者の信頼を損なう可能性のある重大なデータの問題に発展する前に、データ品質の問題に対処する必要があります。 6 か月ごとの完全なレビューに加えて、各 Web サイトのリリース後に、重点レビューをおこなう必要があります。

1. お客様の実装が、当社のビジネスニーズと完全に合致していることを確認します。

ビジネスオーナーやアナリストと会い、変化するビジネスニーズを確認します。 お客様の実装で現在満たされていないニーズや測定の機会については、KPI や測定計画を更新する方法を見つけ出してください。 BRD と SDR に変更を記録してください。

2. 指標と変数が引き続き正常に機能していることを確認します。

ビジネスにとって重要な順序で、すべての指標と変数を簡単に確認し、データが正しく収集されていることを確認します。 上位 5 件の KPI に関連付けられた、最も重要な指標や変数から開始します。次に手順を示します。

  • ダッシュボードを作成して、指標と変数の月別トレンド表示を確認(または各指標に対してインテリジェントアラートを設定)し、期待するデータが取得されており、データが正しいことを確認します。不一致が見つかった場合は、データレイヤー、タグマネージャーのルールおよび処理ルールを調べて、その理由を見つけます。
  • Analytics ヘルスダッシュボードを再実行して、指標と変数の広範なトレンドを監視します。

実装では、不要な指標や変数が多くなりすぎないようにしてください。ビジネスで不要になった指標や変数は無効にしてください。これらは、後で削除または再利用することができます。

3. KPI を更新します。

ビジネス目標の表示が一新されました。最も​重要な KPI(主要業績指標)5 件を選択していることを再評価してください。5 つのみ選択してください。これらの KPI には、売上高などの指標や、1 訪問あたりの売上高などの計算指標を使用でき、指標に変数を含めることもできます。 詳細については、上位 5 件の KPI の定義を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free