セグメントについて

最終更新日: 2024-01-24
  • トピック:
  • Segmentation
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • User
    Admin

セグメントを使用すると、特性や web サイトでのインタラクションに基づいて訪問者のサブセットを識別できます。セグメントは、特定のニーズに合わせて構築し、他のAdobeメンバーと検証、編集、共有したり、他のチーム製品や Analytics 機能で使用したりできるオーディエンスインサイトとして設計されています。

セグメントは、 訪問者, 訪問、および ヒット 階層の階層をネストされたコンテナモデルを使用して作成します。 ネストされたコンテナを使用することで、コンテナ間およびコンテナ内のルールに基づいて、訪問者の属性とアクションを定義できます。Analytics セグメントは、Adobe Experience Cloud の複数の製品および機能間で構築、承認、共有、保存および実行できます。セグメントはレポートから生成したり、ダッシュボードレポートに組み込んだりできます。また、セグメントをブックマークに登録すると、セグメントにすばやくアクセスできるようになります。

セグメントビルダーでセグメントを作成して保存することも、フォールアウトレポートから ( Analysis Workspace) をクリックします。 また、事前作成されたセグメントをネストされたコンテナ間の特定のルールに基づいて利用および拡張し、結果をフィルタリングしてレポートに適用することもできます。また、セグメントは、 積み重ねセグメント.

セグメントによる識別

  • 訪問者(国、性別、コーヒーショップ)
  • 使用するデバイスやサービス(ブラウザー、検索エンジン、モバイルデバイス)
  • 訪問者が移動した場所(検索エンジン、前の出口ページ、自然検索)
  • さらに多くを。

次の値に基づくセグメントを作成できます。

  • 属性に基づく訪問者 - ブラウザーのタイプ、デバイス、訪問回数、国、性別。
  • インタラクションに基づく訪問者 - キャンペーン、キーワード検索、検索エンジン。
  • 出口および入口に基づく訪問者 - Facebook、定義済みのランディングページ、参照ドメインからの訪問者。
  • カスタム変数に基づく訪問者 - フォームフィールド、定義済みのカテゴリ、顧客 ID。

セグメントビルダーで閲覧者セグメントを作成するときに、コンテナ間で AND および OR 演算子を使用して条件を定義できます。

訪問者
訪問数
ヒット数
AND
訪問回数
ヒット数
訪問者
訪問数
ヒット数
または
訪問回数
ヒット数

このようなセグメントは、AND および OR 演算子を使用して結合された特性に基づいてデータセットをフィルタリングします。

  • レポートやプロジェクトに複数のセグメントを適用できます。
  • セグメントが、レポートスイート全体で共通になりました。
  • セグメントビルダーは、セグメント作成を簡素化します。
  • セグメントマネージャを使用すると、セグメントの共有、タグ設定、検証および承認の機能を使用してワークフローを設定できます。
  • フォルダーを使用する代わりにセグメントにタグを設定して、セグメントを整理したり検索したりできます。
  • 連続セグメントを作成できます。
  • The ページビュー コンテナが ヒット コンテナを使用して、このコンテナが、ページビューだけでなく、すべてのタイプのデータをセグメント化することを示します。 例えば、リンクトラッキング呼び出しと、モバイル SDK からの trackAction 呼び出しは、ヒットコンテナの対象になります。

Analysis Workspaceでのセグメント化

Analysis Workspaceには、次の追加機能が含まれています。

Adobeが提供するセグメント

画面の左側のコンポーネントレールには、ユーザーとその会社およびAdobeが作成した、初期設定で用意されているセグメントが表示されます。 クリック時 すべて表示​に含まれていない場合、通常、これらのセグメントはリストの下部に表示され、右側のAdobeロゴで識別されます。

順次セグメント

順次セグメントでは、サイト間でのナビゲーションとページビューに基づいて訪問者を識別し、定義済みのアクションとインタラクションのセグメントを提供できます。順次セグメントを使用すると、訪問者が好むものとそうでないものを容易に識別できます。順次セグメントを作成するときは、THEN 演算子を使用して訪問者のナビゲーションを定義し、順序を指定します。

訪問 1 訪問 2 訪問 3
最初の訪問では、訪問者はメインランディングページ A にアクセスし、キャンペーンページ B にアクセスせず、製品ページ C を閲覧しました。 2 回目の訪問では、訪問者は再びメインランディングページ A にアクセスし、キャンペーンページ B にアクセスせず、再び製品ページ C にアクセスし、さらに新しいページ D にアクセスしました。 3 回目の訪問で、訪問者は最初の訪問と 2 回目の訪問と同じページに入って同じページをたどり、ページ F にアクセスせずに、ターゲットとなる製品ページ G に直接移動しました。

次のヒット値に基づく順次セグメントを定義できます。

  • ページヒット順序に基づく訪問者 — 単一の訪問内のページビュー、個別訪問間のページビュー、ページビューを含まない訪問。
  • ページビュー間またはページビュー後の時間に基づく訪問者:制限時間後、ヒット間、イベント後。
訪問者
訪問数
ヒット数
THEN
訪問回数
ヒット数
訪問者
訪問数
ヒット数
AND
ヒット数
THEN
訪問回数
ヒット数
または
ヒット数

順次セグメントでは、THEN 演算子を使用したユーザーアクションに基づいてデータセットをフィルターします。

ハウツーセグメント化のビデオ

このビデオでは、セグメントコンテナの概要と使用方法を簡単に説明します。

セグメントツールにアクセスする

 セグメントビルダーへの移動方法

セグメントビルダーには、次のようにアクセスします。

  • 既存のレポートを表示し、左側のナビゲーションでセグメントアイコン セグメントアイコン をクリックします。表示されるセグメントレールで、「追加」をクリックします。または

  • セグメントマネージャの上部で、「+ 追加」 をクリックします。「追加」ボタン

    または

  • セグメントマネージャ内で既存のセグメントタイトルをクリックし、そのセグメントをセグメントビルダーで編集します。

 セグメントマネージャへの移動方法

セグメントマネージャには、次のようにアクセスします。

  • 上部のナビゲーションから Analyticsコンポーネント​に移動します。次に、「セグメント」をクリックするか、または

  • 既存のレポートを表示し、左側のナビゲーションでセグメントアイコン セグメントアイコン をクリックします。次に、「管理」をクリックします。または

  • インターフェイス内の任意の場所でスラッシュキー「/」を押して、セグメントマネージャを検索します。

権限

 セグメントの使用、作成および管理に必要な権限と許可

デフォルトでは、すべてのユーザーが個人用のセグメントを作成および編集できます。ただし、管理者の判断により、セグメントを作成する権限を持つべきユーザーを決定し、特定のグループに割り当てることができます。これらのセグメントは、他の Analytics ユーザーと直接共有できます。

管理者はすべてのセグメントを編集できます。また、グループや組織のメンバー全員とセグメントを共有することもできます。さらに詳しく…

 社内のすべてのセグメントを表示できますか?

管理者は、 Analysis Workspace ユーザーインターフェイス。

Report Builderには、自分が所有しているセグメントと自分が共有しているセグメントが表示されます。

 セグメントマネージャーでは Analytics のセグメントをすべて管理できるのですか?

はい。すべてのセグメントをセグメントマネージャで管理できます。セグメントマネージャには、所有者(セグメントを作成したユーザー)、共有先ユーザーおよび管理者ユーザーに表示されるセグメントが表示されます。セグメントの選択には、ユーザーによって所有および共有されるセグメントが表示されます。

管理者は、Analysis Workspaceユーザーインターフェイス内ですべてのセグメントを表示できます。

Report Builder では、自分が作成したセグメントまたは自分に共有されているセグメントのみが表示されます。

 このセグメントを削除できないのはなぜですか?

セグメントが Experience Cloud に公開されている場合には、そのセグメントを削除したり、編集したりすることはできません。ただし、コピーしたうえでそのコピーしたものを編集することは可能です。

このページ