特定された状態

「識別された状態」ディメンションは、クロスデバイス分析仮想レポートスイートに固有です。 レポートの実行時点で、ヒットがシステムによって識別(ステッチ)されているかどうかをレポートします。このディメンションは、CDA によるデータのステッチ(「圧縮」)の精度を理解するのに役立ちます。

このディメンションへのデータ入力

仮想レポートスイート用にクロスデバイス分析が設定されている限り、このディメンションは初期設定のままで機能します。

ディメンション項目

ディメンション項目には、"Identified" および "Unidentified" が含まれます。

  • "Identified":ヒットが個人にマッピングされます。
  • "Unidentified":ヒットは個人にマッピングされず、どのアトリビューションメソッドでもマッピングできませんでした。

このページ