分類ルール

分類ルールを設定すると、分類されていない語句が定期的に検索されます。ルールとの一致が検出されると、ルールによってその語句が分類データテーブルに自動的に追加されます。分類ルールを使用して既存のキーを上書きすることもできます。

Analytics管理者分類ルールビルダー

ルールビルダーを使用すると、classification rule setclassification rules のリスト)を作成できます。ルールは、指定された条件との照合を行い、アクションを実行します。

分類ルールは、次の項目に使用すると便利です。

  • 電子メール​および​ディスプレイ広告:電子メールキャンペーンと比較したディスプレイ広告キャンペーンのパフォーマンスを確認するために、個々のディスプレイ広告キャンペーンをグループ化する分類ルールを作成できます。

  • トラッキングコード:トラッキングコードの文字列から派生するキー値を分類するための分類ルールを作成し、定義した特定の条件と照合します。

  • 検索用語正規表現とワイルドカードを使用して、検索用語の分類を簡略化できます。例えば、検索用語に baseball が含まれる場合、Sports League 分類を「MLB」に設定できます。

例えば、電子メールキャンペーン ID が次のトラッキングコードを持つとします。

em:Summer:2013:Sale を参照してください。

ここで、文字列の一部を識別する 3 つのルールをルールセットに設定し、値を分類することができます。

ルールタイプを選択 一致条件を入力 分類を設定 設定値
次の語句で始まる em: チャネル 電子メール
次の語句で終わる Sale タイプ Sale
次を含む 2013 2013

ルールの処理方法

分類ルールの処理方法に関する重要な情報。

メモ

ルールビルダーは数値 2 分類をサポートしていません。

ルールに関する重要な情報

  • 管理ツールで、分類のグループ権限を指定します。

  • 正規表現分類ルールの正規表現でヘルプを利用できます。

  • レポートスイート:分類を選択するには、1 つ以上のレポートスイートが選択されている必要があります。レポートスイートは、ルールセットが作成され変数が割り当てられていないと、適用できません。

    ルールセットをテストするときは、レポートのキー(分類する変数)を使用して、ルールセットによる影響を確認します(キーは、分類する変数、または分類アップロードテーブルの最初の列です)。

  • ルールの優先度:キーが複数のルールに一致し、そのすべてのルールで(分類を設定列内に)同じ分類列が設定される場合は、分類に一致する最後のルールが使用されます。詳しくは、ルールの優先度についてを参照してください。

  • ルールの数に関する制限:作成できるルールの数に制限はありません。ただし、大量にルールを作成すると、ブラウザーのパフォーマンスに影響が及ぶことがあります。

  • 処理:ルールは、分類に関連するトラフィックのボリュームに応じた頻度で処理されます。

    アクティブなルールは 4 時間ごとに処理され、通常、分類データの調査は月に 1 回行われます。ルールでは、自動的に新しい値がチェックされ、インポーターを使用して分類がアップロードされます。

  • 既存の分類の上書き:詳しくは、ルールによるキーの分類が行われない状況を参照してください。必要に応じて、インポーターを使用して既存の分類を削除できます。

ルールによるキーの分類が行われない状況

ルールをアクティブにするとき、既存の分類を上書きできます。次の場合、分類ルールによるキー(変数)の分類は行われません。

  • キーが既に分類済みで、「分類を上書き」を選択していない。

    分類の上書きは、ルールを追加およびアクティブ化するときと、データコネクタの統合をアクティブ化するときに行うことができます(データコネクタの場合、ルールは開発センターでパートナーによって作成され、分類ルールビルダーに表示されます)。

  • 分類を上書き」を有効にした後であっても、キーを上書きするときに指定された時間枠が経過した後、分類されたキーがデータに表示されていない。

  • キーが分類されず、約 1 ヶ月前から始まる時間枠が経過した後もキーが Adobe Analytics に渡されない。

    メモ

    レポートでは、分類は、キーが存在するかどうかに関係なく、指定されたすべての時間枠に適用されます。レポートの日付範囲はレポートに影響しません。

分類ルールの正規表現

正規表現を使用すると、一貫した形式の文字列値を分類に一致させることができます。例えば、トラッキングコードの特定の文字から分類を作成できます。特定の文字、単語または文字パターンを一致させることができます。

メモ

ベストプラクティスとして、正規表現は、区切り文字を使用するトラッキングコードに最も適しています。

正規表現 - トラッキングコードの例

メモ

トラッキングコードが URL エンコードされている場合は、ルールビルダーで分類​されません

この例では、次のキャンペーン ID を分類することを前提とします。

Sample Key: em:JuneSale:20130601

分類するトラッキングコードの一部:

  • em = 電子メール
  • JuneSale = キャンペーン名
  • 20130601 = 日付

Regular Expression: ^(.+)\:(.+)\:(.+)$

正規表現とキャンペーン ID の相関関係:

一致グループ:キャンペーン ID 内の位置を分類できるように、正規表現とキャンペーン ID 文字の相関関係を示します。

この例が示しているルールでは、キャンペーンの日付 20140601$3 で識別された 3 番目のグループ (.+) にあります。

ルールビルダー

ルールビルダーで、次のようにルールを設定します。

ルールタイプを選択 一致条件を入力 分類を設定 設定値
正規表現 ^(.+)😦.+)😦.+)$ キャンペーンの日付 $3

構文

正規表現 文字列または一致結果 対応する一致グループ
^(.+)\:(.+)\:(.+)$ em:JuneSale:20130601 $0: em:JuneSale:20130601 $1: em $2: JuneSale $3: 20130601
構文の構築 ^= 行の先頭 () = 文字をグループ化し、括弧内の一致する文字を抽出します。(.+) = 1 ( .) 文字と ( + ) 任意の \ = 文字列の先頭。$ = 前の文字(または文字グループ)が行の末尾であることを示しています。

正規表現の文字が何を意味しているかについては、正規表現 - 参照表を参照してください。

正規表現 - 特定の文字の分類

正規表現を使用する 1 つの方法は、文字を含む文字列内の特定の文字を分類することです。例えば、次のトラッキングコードに 2 つの重要な文字が含まれているとします。

Sample Key: 4s3234

  • 4 = ブランド名
  • s = Google などの検索エンジンを識別する

ルールビルダー

ルールビルダーで、次のようにルールを設定します。

ルールタイプを選択 一致条件を入力 分類を設定 設定値
正規表現 ^.(s).*$ ブランドおよびエンジン $0(ブランド名および検索エンジンの最初の 2 文字をキャプチャします。)
正規表現 ^.(s).*$ 検索エンジン $1(Google の 2 番目の文字をキャプチャします。)

正規表現 - 様々な長さのトラッキングコードの一致

この例では、様々な長さのトラッキングコードがある場合に、コロン区切りの間の特定の文字を識別する方法を示しています。Adobe では、各トラッキングコードに 1 つの正規表現を使用することをお勧めします。

サンプルキー:

  • a:b
  • a:b:c
  • a:b:c:d

構文

ルールビルダー

ルールビルダーで、次のようにルールを設定します。

ルールタイプを選択 一致条件を入力 分類を設定 設定値
一致文字列 a:b の正規表現 ^([^\:]+)\:([^\:]+)$ a $1
一致文字列 a:b の正規表現 ^([^\:]+)\:([^\:]+)$ b $2
一致文字列 a🅱️c の正規表現 ^([^\:]+)\:([^\:]+)\:([^\:]+)$ a $1
一致文字列 a🅱️c の正規表現 ^([^\:]+)\:([^\:]+)\:([^\:]+)$ b $2
一致文字列 a🅱️c の正規表現 ^([^\:]+)\:([^\:]+)\:([^\:]+)$ c $3
一致文字列 a🅱️c:d の正規表現 ^([^\:]+)\:([^\:]+)\:([^\:]+)\:([^\:])$ d $4

正規表現 - 「含まない」の例

この例では、特定の文字を含まないすべての文字列を一致させる正規表現を提供します。ここでは 13 です。

正規表現:

^(?!.*13.*).*$

テスト文字列:

a:b:
a:b:1313
c:d:xoxo
c:d:yoyo

一致結果:

a:b:
c:d:xoxo
c:d:yoyo

この例では、a:b:1313 は一致を示していません。

正規表現 - 参照テーブル

説明
(?ms) 正規表現全体を複数行の入力と照合し、ワイルドカードがあらゆる改行文字と一致できるようにする
?i 正規表現全体で大文字と小文字を区別しないようにする
[abc] a、b または c の 1 文字
[^abc] a、b、c 以外の 1 文字
[a-z] a ~ z の範囲内の 1 文字
[a-zA-Z] a ~ z または A ~ Z の範囲内の 1 文字
^ 行の開始(行の開始に一致)
$ 行の末尾(または末尾の新しい行の前に一致)
\A 文字列の開始
\z 文字列の末尾
. 任意の文字の一致(改行を除く)
\s 空白文字
\S 空白以外の文字
\d 数字
\D 数字以外
\w 任意の単語(文字、数字、アンダースコア)
\W 任意の単語以外の文字
\b 任意の単語境界
(...) 囲まれている内容をすべてキャプチャ
(a|b) a または b
a? 0 または 1 個の a
a* 0 個以上の a
a+ 1 つ以上の a
a{3} 3 個の a
a{3,} 3 個以上の a
a{3,6} 3 ~ 6 個の a

正規表現の有効性のテストに関する参考資料については、https://rubular.com/ を参照してください。

ルールの優先度について

キーが複数のルールに対して照合され、分類を設定列に表示されているのと同じ分類列が設定される場合は、最後のルールが使用されます。したがって、ルールセット内の最後のルールが最も重要になります。

分類が同じでないルールを複数作成している場合には、処理の順番は関係ありません。

以下に示すのは、アスリートの検索タイプを分類する検索語ルールの例です。

ルール番号 ルールタイプ 一致 分類を設定 設定値
1 次を含む カウボーイズ 検索タイプ チーム
2 次を含む ファンタジー 検索タイプ ファンタジー
3 次を含む Romo 検索タイプ プレーヤー

ユーザーが「Cowboys fantasy Tony Romo」を検索すると、「分類を設定」列に表示する「最後に指定した分類」と一致するため、Player」が分類されます。

同じように、以下の検索語についてルールを 2 つ設定している場合を考えます。

ルール番号 ルールタイプ 一致 分類を設定 設定値
1 次を含む カウボーイズ 市区町村 ダラス
2 次を含む ブロンコス 市区町村 Denver

ユーザーが​Cowboys vs. Broncos を検索すると、ルールビルダーによってルールの一致に競合が発見され、この検索では 2 番目のルールの分類(Denver)が適用されます。

ルールセットに対する分類ルールの追加

分類ルールを追加または編集する方法について手順を説明します。

分類に条件を対応させることによってルールを追加し、そのアクションを指定します。

メモ

この手順では、ルールを 1 つ以上のレポートスイートに適用する必要があります。ルールセットあたりのルール数に制限はありませんが、500 ~ 1000 件にすることをお勧めします。ルールが 100 以上ある場合には、下位分類を使ってルールセットを簡素化する方法の検討が必要です。

  1. 分類ルールセットを作成します

  2. ルールセットページで、「ルールを追加」をクリックします。

  3. レポートスイート​の隣の​スイートの追加​をクリックし、このルールセットに割り当てるレポートスイートを指定します。

    レポートスイートを選択​ページが表示されます。

    メモ

    次の条件が満たされると、レポートスイートがこのページ​*only*​に表示されます。

    • レポートスイートに、管理ツールでその変数に対して定義された分類が 1 つ以上あるとき。

    この前提条件の説明については、Variable​分類ルールセット を参照してください。)

    • 使用可能なレポートスイート​ページでレポートスイートを選択しました。このページは、ルールセットの追加をクリックしてルールセットを作成した後に表示されます。
  4. 既存の値を上書きするかどうかを指定します。

    ルールによって既存の値は上書きされます (デフォルト設定)インポーター(SAINT)を使用してアップロードされた分類を含む、既存の分類キーを常に上書きします。
    ルールによって未設定の値のみが上書きされます 空欄(未設定)のセルにのみ記入します。既存の分類は、変更されません。
  5. ルールを定義します

    手順の結果

    ルールの作成例については、「分類ルールビルダー」および「分類ルールの正規表現」を参照してください。

    メモ

    (分類を設定列で)同じ分類が設定されているルールが複数あり、それにキーが合致した場合には、分類に合致した最後のルールが使用されます。ルールの並べ替えの詳細については、ルールの優先度について​を参照してください。

  6. ルールセットをテストします

  7. テストが完了したら、アクティブ​をクリックしてルールを検証およびアクティブ化します。

    ルールをアクティブ化すると、自動的にファイルが構築され、アップロードされます。

    フィールド定義:このページのインターフェイスオプションの完全な定義については、分類ルールビルダーを参照してください。

分類ルールセットのテスト

分類ルールまたはルールセットをテストする方法について手順を説明します。テストを実行すると、セット内のすべてのルールがチェックされます。

  1. 分類ルールセットを作成します

  2. 分類ルールビルダーで、ルールセット名をクリックします。

  3. ルールセットがレポートスイートに関連付けられていることを確認します。

  4. ルールエディターで「テスト用ルールセット」をクリックします。

    手順の結果

  5. 「サンプルキー」フィールドにテストキーを入力するか、貼り付けます。

    サンプルキーには以下が含まれています。

    • トラッキングコード
    • 検索キーワードまたは語句

    詳しくは、分類ルールの正規表現を参照してください。

  6. テストを実行」をクリックします。

    「結果」テーブルに一致するルールが表示されます。

  7. (オプション)ルールをアクティブにする場合、また既存の分類を上書きする場合は、「アクティブ化」をクリックします。

    ルールを使用して既存の分類を上書きする方法の詳細を参照してください。

分類ルールの検証とアクティブ化

分類ルールを検証およびアクティブ化する方法について手順を説明します。

  1. 分類ルールセットを作成してから、セットに分類ルールを追加します。

  2. ルールエディターで「アクティブ化」をクリックします。

  3. (オプション)分類を上書きするには、「の分類を上書き <selection> 」を有効にします。

    このオプションを使用すると、影響を受けるキーの既存の分類を上書きできます。

    このオプションの定義については、ルールページを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now